日産

日産 新型 マーチ フルモデルチェンジ 5代目 日本 2021年8月発売

2019年1月7日

NISSAN_MARCH

日産は新型マーチのフルモデルチェンジ 5代目を2021年8月に発売する。日本では現行モデルは2010年から販売を開始しており丸11年でのフルモデルチェンジとなる。新型マーチ(マイクラ)を英国にて2017年4月に販売を開始。価格は2017年4月1日に発表した。欧州では2017年5月22日に新型マーチに新型エンジン1.0L直列3気筒ガソリンエンジンを搭載すると発表。

新型マーチについて

エクステリアは現行マーチと比べ可愛らしさからスポーティなモデルへと変更となり、更に横幅をワイドにして印象を大きく変えている。日産のデザインランゲージであるブーメラン型のランプシグニチャーや、Vモーショングリルを採用。

新型マーチ エクステリア

NISSAN_MARCH

NISSAN_MICRA

新型マーチ インテリア

インテリアはディスプレイは画面レイアウトを刷新し、セーフティ・シールドの作動状況や出力を表示するパワーゲージやオーディオやナビゲーションシステムの情報などの主要機能を分かりやすく表示。

NISSAN_MARCH

NISSAN_MICRA

新型プラットフォーム「CMF-Bプラットフォーム」を採用

そして、今回のマーチからCMF-Bプラットフォームを採用する。CMF(Common Module Family、コモン・モジュール・ファミリー)とは日産自動車とルノーが共同開発した、プラットフォーム基本的に「コックピット」、「エンジン」、「フロントアンダーボディ」、「リヤアンダーボディ」の各モジュールに「電子アーキテクチャー」を加えた5つのモジュールから構成されるのがCMFである。従来、セグメントごとに設計・開発・製造していたプラットフォームを、複数のプラットフォームに共通したモジュールとして増加させることで、コンポーネントを共有化し、プラットフォームごとの台数を増やすことが出来るシステムとして開発された。これにより、コンパクトカークラスから大型セダン、SUVまで幅広く展開させることが可能であると同時に、ルノー=日産アライアンスの特徴であるスケールメリットを活かし、「開発費削減」「部品点数削減」「製造コスト削減」「工期短縮」を効率よく行うことで、すべてのアイテムの経費を軽減させる役割も担う。

新型マーチ スペック

サイズ 新型マーチ 現行モデルとの比較
全長 3,999mm +174mm
全幅 1,743mm +77mm
全高 1,455mm -55mm
ホイールベース 2,525mm +75mm
スペック 直列3気筒 0.9L ターボ
最高出力 90ps/14.3kgm(オーバーブーストにより+1.0kgm)
スペック 1L 直列3気筒ガソリンエンジン 自然吸気
最高出力 71ps/9.7kgm
欧州複合モード燃費 21.74km/L
スペック 直列4気筒 1.5L ディーゼルターボ
最高出力 90ps/22.4kgm

日本仕様について

日本モデルで搭載するエンジンはノートの搭載されているHR12DDRエンジン(DIG-S)

スペック 1.2L 直列3気筒 エコスーパーチャージャー エンジン
最高出力 98ps/5,600rpm
最大トルク 14.5kgm/4,400rpm
駆動方式 2WD(FF)/4WD
トランスミッション エクストロニックCVT(無段変速機)
JC08モード燃費 27.0km/L

HR12DDRは、1.2Lガソリンエンジンとしての燃費性能を極限まで追求しながら、

1.5Lに匹敵する力強さを両立させるために日産の高度な技術を惜しみなく投入した新世代エンジンだ。

新型マーチ(マイクラ) エクステリアについて

NISSAN_MARCH

NISSAN_MARCH

NISSAN_MARCH

NISSAN_MARCH

NISSAN_MARCH

NISSAN_MARCH

NISSAN_MARCH

NISSAN_MARCH

新型マーチ(マイクラ) インテリアについて

NISSAN_MARCH

NISSAN_MARCH

NISSAN_MARCH

新型 マーチ のコンセプトカー Nissan SWAY Concept

2015年3月3日から行われたジュネーブモーターショー2015で新型マーチ後継となる「Nissan SWAY Concept」日産 スウェイコンセプトの画像を公開した。そして、2016年9月29日に開幕するパリモーターショー2016でデビュー量産モデルの正式発表した。欧州では2017年3月に行う。見た目の感想としては非常に攻めたデザインでこれが新型マーチかと思ってしまうほど現行マーチとデザインの変化を感じる。グリルのデザインとLEDヘッドライトが印象的だ。

Sway_03.jpg

Nissan SWAY Concept

「スウェイ」は、日産が欧州ハッチバック市場に新たな方向性を提案するコンセプトカーで、「キャシュカイ」や「ジューク」で培った日産の斬新な発想を、コンパクトハッチバックセグメントに初めて採用したモデルです。同車のデザインは、欧州市場向けにエモーショナルで先進的、かつ、ワクワク感を与えるものになっています。

外観には、「Vモーション」モチーフを施したグリルとそこから始まる力強くかつ魅惑的なキャラクターライン、フローティングルーフ、ブーメラン型ヘッドランプなど、最新の日産デザインの特徴的な要素を取り入れました。フロントのブーメラン型ヘッドランプには、ランプの形状自体にVラインの要素を取り入れることで、鋭い目のような印象を作り上げる一方、リアランプにも同様の要素を取り入れることにより、車体を切り抜く様な印象的な形状に仕上げました。

日産は、今回のモーターショーで新型ジューク「 Kicks Concept」INFINITI Q30なども出展した。

テスト走行

MARCH_005959.jpg

新型マーチ テスト走行 スパイショット

そして、2016年に入ってから数多くのスパイショットが海外で撮影されている。

カモフラージュされてはいるが「Nissan SWAY Concept」のイメージを多く取り入れており現行マーチの様な可愛らしいイメージではなく、スポーティーでカッコイイメージとなっている。

新型マーチ ライバル車種

ライバル車種は以下の車種がライバルとなってくるだろう。

トヨタ ヴィッツ

トヨタ 新型 ヤリス 4代目 「ヴィッツ」フルモデルチェンジ TNGA採用 2020年2月10日発売

トヨタ パッソ

トヨタ 新型 パッソ マイナーチェンジ マイナーチェンジ スマートアシストⅢを全車に標準装備 2018年10月10日発売

トヨタ アクア

トヨタ 新型 アクア フルモデルチェンジ 2代目 TNGA採用 2021年7月19日発売

ホンダ フィット

ホンダ 新型 フィット 4代目 フルモデルチェンジ 2020年2月14日発売

マツダ デミオ

マツダ 新型 デミオ マイナーチェンジ SKYACTIV-1.5G 搭載 2018年8月30日発売

スズキ スイフト

スズキ 新型 スイフト 特別仕様車「XRリミテッド」ブラック2トーンルーフを初採用 2018年10月11日発売

日産はコンパクトカーではマイナーチェンジをしたノートが販売台数1位を獲得しており、新型マーチも高いポテンシャルがあり販売台数上位を狙える車種となっていることは間違いない。

日本自動車販売ランキング 2018年9月 乗用車1位は日産 ノート 13,589台 軽自動車 N-BOXが1位 22,540台

マーチについて

日産が製造するハッチバック型のコンパクトカーである。

かつて、トヨタ・スターレットと日本のコンパクトカー市場の人気を二分していた。日本車としては珍しく、10年ほどでフルモデルチェンジを毎回行っている。

初代 K10型系 1982年 - 1992年

2代目 K11型系 1992年 - 2002年

3代目 K12型系 2002年 - 2010年

4代目 K13型系 2010年 - 2020年

プラットフォームはレイアウトの最適化とシンプルなボディ構造を追及し新開発されたVプラットフォームを採用。

スペック マーチ
全長 3,825mm
全幅 1,665mm
全高 1,515mm
ホイールベース 2,450mm

新しい情報が入り次第再度お伝え致します。

日産マイクラ

https://www.nissan.co.uk/vehicles/new-vehicles/micra.html

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-日産
-, , ,

© 2021 最新自動車情報