フォルクスワーゲン 新型 ティグアン GTE プラグインハイブリッド フランクフルトモーターショー2015で披露

Volkswagen_Tiguan_GTE フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲンはティグアンをフルモデルチェンジする予定だ。2015年9月15日から始まるフランクフルトモーターショー2015でプラグインハイブリッドモデルのコンセプト ティグアンGTE PHV「Tiguan GTE Plug-In Hybrid Concept」を初披露した。ゴルフ GTE Volkswagen初のPHV車!日本発売2015年9月8日した。

新型 ティグアン GTE プラグインハイブリッド

ディグアンはフォルクスワーゲンのSUVで新型で2代目となる。小型クロスオーバーSUVで、ゴルフをベースに開発された。前型から全長を60mm、全幅を30mm、ホイールベースを77mm拡大した、それでいながら全高は33mm低いリアニースペースを29mm広くとりながら、ラゲッジスペースも50L大きい520L。拡大されていながらも新型プラットフォームを採用し、車重を50kg軽量化。年間で1,000kmの走行が可能な量の電力が発電できるソーラーパネルをルーフに搭載するのが特徴である。

新型 ティグアン GTE プラグインハイブリッド  スペック

全長:4,520mm
全幅:1,840mm
全高:1,657mm
ホイールベース:2,682mm
直列4気筒 1.4Lターボエンジン”TSI+モーター
エンジンの最高出力154hp
トランスミッションミッション:6速デュアルクラッチ
EV航続距離:50km(一回の充電で130km/hの速度で50kmの距離の走行が可能)
13.0kWhの高電圧リチウムイオンバッテリー
システム出力:217ps
スポーツ用モード「GTE」を用意(0-100km/h加速:8.2秒)

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース
https://www.autoguide.com/auto-news/2015/09/volkswagen-tiguan-gte-plug-in-hybrid-concept-packs-a-solar-panel-roof.html

フォルクスワーゲン
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020