ヒュンダイ

ヒュンダイの過去から2021年に登場する新型車、フルモデルチェンジやマイナーチェンジするモデルの最新情報記事をまとめています。

Hyundai Ioniq5

ヒュンダイ

2021/2/28

ヒュンダイ 新型 IONIQ 5 EV専用モデル 2021年2月23日発表

ヒュンダイは新型EVモデル「IONIQ 5」を2021年2月23日(現地時間)世界初公開。EV専用モデルである。2021年前半から発売を開始する。 新型 IONIQ 5 について 専用「BEVプラットフォームE-GMP(Electric-Global Modular Platform)」を採用。現代自動車グループの専用BEVアーキテクチャに基づいて構築されており、細長いホイールベース上で独自のプロポーションを持つ。IONIQ 5は、E-GMPを使用して、多くのタッチポイントで環境に優しい素材を使用した革新 ...

ヒュンダイ

2021/1/21

ヒュンダイ 新型 バイヨン コンパクトSUV 画像 2021年1月20日世界初公開

ヒュンダイは新型コンパクトSUV「バイヨン(BAYON)」のティーザー画像を2021年1月20日世界初公開した。 新型 バイヨンについて BセグメントのクロスオーバーSUVである「バイヨン」はティーザー画像からフロントエンドの一部を見ることができる。フロントエンドは、筋膜全体に広がる大きなエアインテークを備えており、幅の広いDRL( デイタイム・ランニング・ライト)と幅の狭いDRLに対応。ヘッドライトは、コナやネクソと同じように、スプリットデザインのためにDRLから分離。バイヨンは「感情的な価値と革新的な ...

Hyundai Elantra N Line

ヒュンダイ

2020/8/17

ヒュンダイ 新型 エラントラ N Lineフルモデルチェンジにラインナップ 2020年発売

ヒュンダイはフルモデルチェンジを発表した新型「エラントラ」のハイパフォーマンスモデルとなる「エラントラ N Line」を発表した。オーストラリアでは2020年第4四半期から発売される。 新型エラントラ N Lineについて 「エラントラ N Line」はベースとなる新型「エラントラ」は以前のモデルよりも軽く、安全で、強力な新型「K3プラットフォーム」を採用。この変更により、フロントオーバーハングが短くなり、重心が低くなりった。 1.6L GDIターボチャージャーエンジンを搭載、最高出力201 hpおよび最 ...

ヒュンダイ

2020/3/30

ヒュンダイ ジェネシス 新型 G80 フルモデルチェンジ 2020年発売

韓国自動車メーカーのヒュンダイはプレミアムブランド「ジェネシス」の新型「G80」のフルモデルチェンジを行い2020年に発売する。 ジェネシス 新型 G80 フルモデルチェンジについて 中型の高級セダンG80は先代よりもはるかにスポーティな「アスレチックエレガンス」のデザインを採用。フロントエンドは、広い空気取り入れ口の上にある大きなクレストグリルによって占められており、どちら側にも、フロントフェンダーにエコーされる「二重線」のクアッドヘッドライトがある。 さらに後方に移動すると、長いフードと、ヘッドライト ...

ヒュンダイ

2020/8/16

ヒュンダイ 新型 エラントラ フルモデルチェンジ 2020年発売

ヒュンダイは「エラントラ」のフルモデルチェンジを行い2020年に発売する。 新型 エラントラ フルモデルチェンジ エラントラは、以前のモデルよりも軽く、安全で、強力な新型「K3プラットフォーム」を採用。この変更により、フロントオーバーハングが短くなり、重心が低くなりった。 エクステリアでは「Sensuous Sportiness」デザイン言語を採用。特徴的なスタイリングをもたらしている。モデルはソナタに続き、ワイドフェイスの「パラメトリックジュエルパターン」グリルを採用。 インテリアは「ドライバーを飛行機 ...

ヒュンダイ

2020/2/15

ヒュンダイ 新型 ソナタ ハイブリッド 8代目 2020年発売

ヒュンダイは「ソナタ」のフルモデルチェンジを行い2019年から販売を開始、更に新型「ソナタ」にハイブリッドモデルをラインナップして2020年春に発売する。2020年2月8日から17日までアメリカのシカゴで開催される「シカゴモーターショー2020」にて新型「ソナタ ハイブリッド」を初出展すると発表した。 新型 ソナタ ハイブリッド ソナタハイブリッドは、走行距離686マイル(1,104 km)、ベースブルートリムのEPA推定52 mpg(4.5 l / 100 km)の燃費評価を誇ります。 現代のホーム市場 ...

アイオニック

ヒュンダイ

2019/10/2

ヒュンダイ 新型 Ioniq (アイオニック) マイナーチェンジ 2019年発売

ヒュンダイは新型 Ioniq (アイオニック)のマイナーチェンジを行い2019年に発売する。英国では2019年9月から販売される。 新型 Ioniq (アイオニック)について エクステリアのデザイン変更、バンパーやフロントグリルを変更した。更に、インテリアは大幅に変更を行いApple CarPlayおよびAndroid Autoを備えた最新の8インチカラータッチスクリーンディスプレイ付きナビゲーションシステムを搭載。 標準モデルには15インチアルミホイール、LED DRL、ハイビームアシスト付きオートマチ ...

ヒュンダイ

2020/2/10

ヒュンダイ 新型 ソナタ 8代目 フルモデルチェンジ 2019年3月24日発売開始

ヒュンダイは「ソナタ」のフルモデルチェンジを行い韓国にて2019年3月24日発売開始した。米国では2019年11月より販売を開始する。 新型 ソナタ フルモデルチェンジ 低重心化した「第3世代プラットフォーム」を新採用。超高張力鋼板を熱間プレスした「マルチロードパス構造」を採用したことで衝突安全性を高めている。 「4.2インチカラーLCDインストルメントクラスター」OR「12.3インチFull LCDクラスタ」10.25インチHDインフォテイメントスクリーン、カラーヘッドアップディスプレイ、電子パーキング ...

ヒュンダイ

2016/2/27

ヒュンダイ 新型 Ioniq (アイオニック) 「プリウスハンター」ハイブリッド/プラグインハイブリッド/ EVモデル 2016年1月14日発表

ヒュンダイは新型Ioniq (アイオニック)の開発を進め2016年1月14日に韓国で発表した。2016年3月3日から開催予定のジュネーブモーターショー2016でも出展された。 新型Ioniq (イオニック)について 新型Ioniq (アイオニック)はプリウスハンターと言われており、ハイブリッド/プラグインハイブリッド/ EVモデルの3モデル設定。新型プリウスはハイブリッドモデルとプラグインハイブリッドモデルの2モデルであるが新型Ioniq (アイオニック)にはEVモデルとなる電気自動車のモデルも存在する。 ...

ヒュンダイ

2020/5/7

ヒュンダイ (現代自動車) ジェネシス 新型 Genesis EQ 90/900 デトロイトモーターショー2016で正式発表

韓国自動車メーカーのヒュンダイは新たなプレミアムブランド、ジェネシス(Genesis)を立ち上げ新型EQ 90/900を2016年に販売を開始する。韓国では既に新型EQ 90(韓国モデル)を発表している。 新型EQ 90/900 グローバルモデルである新型EQ900はデトロイトモーターショー2016で正式発表される予定だ。ヒュンダイブランドの現在の最高級車種であるエクウスの跡を継ぐラグジュアリーサルーンである。初代エクウスは1999年にヒュンダイと日本の三菱自動車との業務提携により発売を開始した車種であり ...

sonata

ヒュンダイ

2019/10/20

ヒュンダイ 新型 ソナタ 新設計プラットフォーム採用 対 カムリ アコード アルティマ

3月24日、現代自動車は、フルモデルチェンジした「ソナタ」を韓国で発表した。 新型ソナタについて 6代目の現行ソナタは米国市場で、トヨタ カムリ、日産 アルティマ(新型ティアナ)、ホンダ アコードなどと競合する。 7代目となる新型は全長4,855mm×全幅1,865mm×全高1,475mm、サイズを拡大したソナタは、ホイールベース長も2,805mmに10mm延長した新設計のプラットフォームを基盤とした、捻り剛性を41%、曲げ剛性を35%も高めたと謳うシャシーを採用する。 リアのデザインが現行ソナタと比べて ...

© 2021 最新自動車情報