日産自動車と三菱自動車 戦略的アライアンスを締結 日産 2,370億円で三菱自動車株34%を取得へ 世界トップ3に迫る

日産

日産自動車と三菱自動車工業は2016年5月12日、両社による幅広い戦略的アライアンスに関する覚書を締結したと発表。2016年5月12日、記者会見が開催され日産の社長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス・ゴーン氏と三菱自動車の取締役会長兼CEOの益子修氏が会見した。

日産自動車と三菱自動車 戦略的アライアンスを締結

日産、同社と資本提携を結ぶ仏ルノー、三菱自を合わせた世界販売は、年960万台に達する。トヨタ自動車、独フォルクスワーゲン、米ゼネラル・モーターズの上位3社に迫る規模になる。

2015年販売台数

1位 トヨタ自動車 1015万台

2位 フォルクスワーゲン 993万台

3位 ゼネラルモーターズ 984万台

4位 日産自動車・ルノー 853万台

         三菱自動車  107万台

ニュースリリースより

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)と三菱自動車工業株式会社
(本社:東京都港区、会長:益子 修)は12日、両社による幅広い戦略的アライアンスに関する覚書を締結したことを発表しました。三菱自動車の発行済み株式34%を、日産自動車が2,370億円で取得する予定です。両社の戦略的アライアンスは、過去5年間に亘り、協力を続けてきた現行のパートナーシップを更に発展させるものです。日産と三菱自動車はまた、購買、車両プラットフォームの共用、新技術の開発分担、生産拠点の共用、および成長市場を含む、複数の面で協力することにも合意しました。日産の社長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス・ゴーンは、「本件は画期的な合意であり、日産と三菱自動車の双方にウィンウィンとなるものです。両社が集中的に協力し、相当規模のシナジー効果を生み出すことで、新たな自動車産業の勢力ができあがることになります。当社は、三菱自動車の筆頭株主として、同社のブランドと歴史を尊重し、大きな成長の可能性の実現をサポートしていきます。日産は課題に直面している三菱自動車を支援し、同社をアライアンス・ファミリーの新たな一員として歓迎したいと思います」と述べました。

三菱自動車の取締役会長兼CEOの益子修は、「長年に亘り数々のパートナーシップで成果を生み出してきた日産自動車には、アライアンスのメリットを最大限に活かす豊かなノウハウがあります。
今回の合意で、両社の将来の発展に求められる、長期的な価値を生み出すことができるでしょう。
開発や共同購買など、リソースの共有を含む戦略的なパートナーシップの深化が、長期的な価値をもたらします」と語りました。

以上の取り決めに従い、日産は新規に発行される5億660万株の三菱自動車株を、一株当たり468円52銭で取得する予定です。株価は、2016年4月21日~2016年5月11日までの期間の出来高加重平均とします。取引成立後、日産は三菱自動車の筆頭株主となります。三菱自動車と日産は、三菱重工業、三菱商事、ならびに三菱東京UFJ銀行が、今後も三菱自動車への出資比率を高水準で維持し、この戦略的アライアンスを支持することを期待しています。

株式の取得は、三菱自動車の株主である三菱グループと株主間契約を結び、規制当局の承認を経て、2016年5月末を目処にアライアンスの正式契約を締結し、2016年末までに全ての手続きが完了する見込みです。

日産による三菱自動車への戦略的な出資は、17年間に亘る仏ルノーとの株式持合いを中心とするアライアンスモデルを更に拡大します。日産はダイムラーとアフトワズを含む他の自動車グループにも出資、またはパートナーシップを結んでいます。本合意を受け、三菱自動車は、日産が推薦する、同社の議決権に比例した人数の、取締役会会長を含む取締役候補を提案することになります。

mitsubishi-nissan.jpg

https://f1-gate.com/nissan/mitsubishi_30989.html

https://www.asahi.com/articles/ASJ5D4T3YJ5DULFA01B.html

日産ニュースリリース

https://newsroom.nissan-global.com/releases/160512-02-j

三菱ニュースリリース

https://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/corporate/2016/news/detailg513.html

日産
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました