MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

トヨタ 新型 C-HR(CHR)用 TRD カスタムアイテム 2016年12月14日発売

当ページのリンクには広告が含まれています。

トヨタテクノクラフトのTRDは新型「 C-HR(CHR)」の発売に伴い、各、エアロをはじめとするカスタムアイテムを2016年12月14日から発売を全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店及びトヨタモデリスタ店を通じて開始した。

エアロパーツセット(LED付)

塗装済165,000円
素地 156,000円

エアロパーツセット(LEDなし)

塗装済130,000円
素地 121,000円

目次

新型 C-HR(CHR)用 TRD カスタムアイテム

TRD(ティー・アール・ディー)ブランドでモータースポーツ活動及びカスタマイズパーツ展開を行うトヨタテクノクラフト株式会社は、「C-HR」の発売にあわせTRDパーツを発売。

“Your Only Fun SUV”をコンセプトにオンロードイメージの”Aggressive Style”、オフロードイメージの”Extreme Style”の趣の異なる2種類のエアロパーツを設定しました。機能部品も初設定となるドライビングのしやすさを追求したスポーツシートカバー、車両の操縦安定性と乗り心地を向上させるモーションコントロールビームを設定。その他、アルミホイールも18インチと17インチ合わせて5種類を設定。

Aggressive Style

どんなストリートシーンにも際立つ新世代のホットハッチをイメージしてデザイン。ローダウンせずとも低重心に見えるようにボリュームを最適化し、横方向へのブラックアウトを多用することでスポーティかつワイド&ローなスタイルを実現。

フロントスポイラー カナードを連想させるウィング形状によってボディを沈み込ませ安定感を。また、ブラックアウトすることでロアグリルを大きく見せ、1クラス上の重厚感を付与。さらにはLEDを埋め込み、夜間でも圧倒的な存在感を演出。

サイドスカート 後部に配したダクト形状でスポーティイメージを、さらに跳ね上げた形状でリヤタイヤに当たる風を低減、燃費にも寄与している。また、我々のこだわりとしてサイドスカート裏側にもしっかりと整流版を配置。車両下面の風を整流し、車全体が路面に吸い付くような体感を得られる。

リヤバンパースポイラー 効果的に床下の空気を排出するため、部位によって下面の形状を変更している。これにより、車両後方の安定感、後席の乗心地向上にも貢献している。また車両最下部にボディ色を配すことで視覚的にもスポーティかつ重厚な印象になるようなデザインとしている。

リヤトランクスポイラー 跳ね上げたダックテール形状とすることで、シンプルなリヤスタイルに強烈なアクセントを付与。純正のルーフスポイラーに開いているダクトから流れ出る空気を活用し、リヤのダウンフォースを増強。後席の安定性をより高めると同時に迫力あるスタイルを演出している。また整流の副産物として、車両下面からの巻き上げを防ぐことにより、リヤガラスの汚れも軽減されている。

フロントバンパーガーニッシュ 他のC-HRとは違うあなただけのフロントマスクを。ブラックまたは金属調シルバーのカラーアクセントは、ボンネットからバンパーに繋がるラインを流麗に長く見せる。特に車両側面から見た際には、ひときわロングノーズに見えるようになっている。また、ブラックボディに際立つよう設定したシルバーは、質感向上を目的とした新色の金属調シルバーとした。

Extreme Style

ラリーを始めとしたエクストリームスポーツのイメージを基に、アウトドアシーンはもちろん、ストリートでも際立つファッション性を目指し作られた。フェンダーアーチ部分をより筋肉質に、かつブラックアウトさせることで、車高を変えずともリフトアップしたかのような迫力のスタイリングにまとめた。金属調シルバーのフロントスポイラーや、マッドフラップのアルミパネル等のアイテムで、拘り抜かれた道具のような武骨さを付与。また、どのボディカラーでもマッチングのよいデザイン、カラーとした。

フロントスポイラー 左右に張り出したウィング形状によってボディを沈み込ませ安定感を。一方で金属調シルバー塗装に仕上げ、アンダーガードを連想させる力強いシルエットとした。

オーバーフェンダー フィン形状のキャラクターを入れることで、横風にハンドルが取られにくいよう整流しつつ、C-HRの勢いのあるシルエットにマッチするデザインにまとめた。

マッドフラップ アルミパネル付の本格仕様でありながら、日常で支障のない位置/高さとし、車止めへの干渉や積雪時にタイヤへの巻き込みを防ぐためのストラップを設定している。
なお、バンパーガーニッシュとリヤトランクスポイラーはAggressive Styleと共通だが、リヤトランクスポイラーはどのボディカラーでもブラックとした硬派なイメージを我々TRDとしてお勧めさせて頂きたい。

新型C-HRについて

あわせて読みたい
トヨタ 新型 C-HR (CHR) ハイブリッド / ターボモデル 2016年12月14日発売 トヨタは新型「C-HR」 (CHR) ZYX10型(1.2Lターボモデル・ハイブリッドモデル)を2016年12月14日発売した。同日に全国のトヨタ系ディーラーで取り扱い発売を開始。2017...

トヨタテクノクラフトニュースリリース

https://www.trdparts.jp/release/2016_c-hr.html

製品ページ

https://www.trdparts.jp/product/c-hr/index.html

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次