メーカー・車種から調べたい方はこちらへ

ボルボ 新型 S60 フルモデルチェンジ 新世代プラットフォーム採用 2019年11月5日発売

ボルボは新型S60のフルモデルチェンジを行い日本では2019年11月5日に発売した。2018年6月20日(現地時間)に新型S60のフルモデルチェンジモデルを正式発表した。既に。ステーションワゴンモデルの新型V60を発表、発売を開始している。

あわせて読みたい
ボルボ 新型 V60 フルモデルチェンジ 新世代プラットフォーム採用 日本 2018年9月25日発表 ボルボは新型V60のフルモデルチェンジを行い日本では2018年9月25日発表し発売する。 価格499万円~819万円 【新型V60について】 VOLVOが中国の自動車メーカー浙江吉利控...

S60は40シリーズと90シリーズの中間に位置しておりボルボのメイン車種となる。

目次

新型S60のエクステリア

新型S60のインテリア

新型S60について

VOLVOが中国の自動車メーカー浙江吉利控股集团の傘下となった今回の新型S60はSPAシャシーという新しいモジュラーアーキテクチャーを基盤に設計した期待の新世代シャシーを採用。新型V90シリーズや新型XC60に続いて採用する。

新型XC90に採用された2つの世界初となる安全技術を標準装備
ランオフロード・プロテクション(道路逸脱事故時保護システム)車両のASDM(アクティブ・セーフティ・ドメインマスター)-ミリ波レーダー/高解像度カメラ一体型センサーユニットが、道路から逸脱したことを検知すると、即座にシートベルト・テンショナーがシートベルトを巻き上げ、シートとシートフレームの間にあるメタル製クッションが乗員にかかる衝撃を吸収。乗員の身体へのダメージ、特に脊椎損傷による重症化を防ぎます。

インターセクション・サポート(右折時対向車検知機能)。
交差点の右折時に直進してくる対向車との距離や速度を検知して、そのまま右折すると衝突すると判断された場合、衝突を回避・軽減するオートブレーキが作動。世界初の安全装備に加え、夜間でも対応可能な歩行者・サイクリスト検知機能付フルオートブレーキや50km/h以下の速度域でのステアリングアシストを実現したパイロットアシスト(追従時車線維持機能)など全方位的な先進安全装備を全車に標準装備。

新型 S60 最新の安全技術を全車標準装備

新型S60では、最新のテクノロジーを活用して、乗員のみならず、車外の人をも守る16種類以上の先進安全・運転支援機能「IntelliSafe(インテリセーフ)」を標準装備しています。3つのステアリング・サポート機能が新たに標準搭載。

ステアリング・サポート(衝突回避支援機能)「衝突回避・軽減フルオートブレーキシステム」が車両に対して、60km/hまで回避可能。これは従来のCity Safety(シティ・セーフティ)の進化版であり、ブレーキ介入のみでは衝突を避けられない状況で車両、サイクリスト、歩行者、大型動物を検知し、それらへの衝突に対してドライバーが回避行動を取った時点で、ステアリング操作をサポートするため操舵力を補い、場合によっては内輪にブレーキをかけ、衝突回避を支援するものです。このシステムは50-100km/hの速度域で作動。

オンカミング・レーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能) 対向車が接近しているときに走行車線から対向車線へ意図しないはみ出しを検知すると、ステアリングを自動で操作し、正面衝突を回避するため自車を対向車線から走行車線に戻すよう支援します。このシステムは60-140km/hの速度域において作動。

ステアリングアシスト付BLIS(後車衝突回避支援機能付BLIS) BLIS(ブラインドスポット・インフォメーションシステム)の進化版であり、他の車両が自車の死角に入っているとき、または隣の車線の車両が後方から急接近している場合に、それらの存在に気づかず、車線から逸脱した場合、もしくは方向指示器を使用し車線変更しようとして衝突の危険性が高まった場合に、ステアリングを自動で操作し車両を車線内に戻すよう支援します。このシステムは60-140km/hの速度域において作動。

自動運転「レベル2」相当となる、アシスト機能を追加 全車速追従機能付ACCを設定した140km/h未満の速度域において、運転支援機能「パイロット・アシスト」を作動させると、わずかなステアリング操作で車線の中央を保持できるよう支援します。この機能は渋滞中でも車線を維持するようにステアリング操作をアシストし、先行車や隣接車線の他車と接触するリスクを低減させてドライバーの負担を軽減します。単独走行中でも作動させることが可能。

新型 S60 サイズについて

サイズ 新型S60
全長 4,761mm
全幅 1,850mm
全高 1,431mm
ホイールベース 2,870mm
車両重量 1,680kg

S60 仕様とグレードについて

スペック S60 T4 Momentum
エンジン 2.0L 4気筒ターボエンジン T5
最高出力 190ps(140kW)/5,500rpm
最大トルク 30.6 kgm(300Nm)/1,500-4,800rpm
駆動方式 FWD
トランスミッション 電子制御式8速AT
スペック S60 T5 Momentum
エンジン 2.0L 4気筒ターボエンジン T5
最高出力 254ps(187kW)/5,500rpm
最大トルク 35.7kgm(350Nm)/1,500-4,800rpm
駆動方式 FWD
トランスミッション 電子制御式8速AT
スペック S60 T6 AWD R-Design
エンジン 2.0L 4気筒ターボ スーパーチャージャーエンジン T6
最高出力 320ps(235kW)
最大トルク 40.8kgm(400Nm)
駆動方式 FWD
トランスミッション 電子制御式8速AT
スペック S60 T6 AWD R-Design
エンジン 2.0L 4気筒ターボ スーパーチャージャーエンジン T6
最高出力 320ps(235kW)
最大トルク 40.8kgm(400Nm)
駆動方式 FWD
トランスミッション 電子制御式8速AT
スペック S60 D4 AWD Inscription
エンジン 2.0L 直列4気筒DOHC 直噴ディーゼルターボエンジン「D4204T」
最高出力 140Kw(190ps)/4,250rpm
最大トルク 400Nm(40.8kgm)/1,750-2,500rpm
駆動方式 FWD
トランスミッション 電子制御式8速AT

T8 プラグインハイブリッド モデル

スペック S60 T8 Twin Engine AWD Inscription
エンジン 直列4気筒DOHC 2.0L 直噴ターボエンジン「B420」「Drive-E」
最高出力 233KW(318ps)/6,000rpm
最大トルク 400Nm(40.8kgm)/2,200-5,400rpm
モーター最高出力 34Kw/2,500rpm(前)、65Kw/7,000rpm(後)
モーター最大トルク 160Nm/0-2,500rpm(前)240Nm/03,000rpm(後)
駆動方式 AWD
トランスミッション 電子制御式8速AT
スペック S60 T8 Polestar Engineered
エンジン 直列4気筒DOHC 2.0L 直噴ターボエンジン「B420」「Drive-E」
最高出力 400hp
最大トルク 65.2kgm
システム最高出力 415hp
システム最大トルク 68.3kgm
駆動方式 AWD
トランスミッション 電子制御式8速AT
グレード エンジン トランス
ミッション
駆動方式 価格
S60 T4
Momentum
2.0L 4気筒ターボ
エンジン T5
8速AT 2WD(FF) 4,890,000円
S60 T5
Inscription
6,140,000円
S60 T6 Twin Engine
AWD Inscription
直列4気筒DOHC 2.0L
直噴ターボエンジン
「B420」「Drive-E」
4WD 7,790,000円
S60 T8 Polestar Engineered
(特別限定車)
9,190,000円

ボルボニュースリリース

VOLVO CAR JAPAN PRESS SITE
ミッドサイズセダン、S60をフルモデルチェンジ | VOLVO CAR JAPAN PRESS SITE ボルボ・カー・ジャパン株式会社(代表取締役社長:木村隆之、本社:東京都港区)は、プレミアム・ミッドサイズスポーツセダンS60を全面改良して本日より発売します。

ボルボ S60

Volvo Cars
Volvo S60 Recharge – プラグインハイブリッドのダイナミック・スウェディッシュ・セダン | Volvo Cars 卓越したパフォーマンスと直感的に扱えるテクノロジーを備え、心地よさにも配慮したエレガントなデザインを身にまとったセダン。詳細をご覧ください。

ボルボ

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

トップへ
目次
閉じる