スズキ SUBARU ダイハツ トヨタ マツダ 次世代車載通信機の技術仕様の共同開発

スズキ、スバル、ダイハツ、トヨタ、マツダはの5社は、より安全で快適なコネクティッドサービスの早期提供に向けて、5社で次世代の車載通信機の技術仕様を共同で開発し、通信システムの共通化を推進することに合意したと2021年4月27日発表した。

目次

次世代車載通信機 5社で共同開発

トヨタが開発した車載通信機技術をベースに、スズキ・SUBARU・ダイハツ・マツダが保有する技術を盛り込みながら、クルマからネットワーク、車載通信機センターまでの接続仕様を共通化した次世代のコネクティッドカー向けのシステムを構築する予定。車両と車載通信機センター間の通信品質がこれまで以上に安定し、お客様とオペレーター間の通話がよりクリアに、接続スピードもより速くなるなど、お客様により快適なコネクティッドサービスを提供するとともに、各社の開発工数を低減し、システム運用や機能追加を含むバージョンアップなどを簡素化する。志を同じくするその他のパートナーとの連携についても、つねにオープンに検討。

ニュースリリース

あわせて読みたい
Access Denied
あわせて読みたい
Access Denied
あわせて読みたい
Access Denied
あわせて読みたい
Access Denied
あわせて読みたい
Access Denied

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる