カーナビ

スズキ SUBARU ダイハツ トヨタ マツダ 次世代車載通信機の技術仕様の共同開発

スズキ、スバル、ダイハツ、トヨタ、マツダはの5社は、より安全で快適なコネクティッドサービスの早期提供に向けて、5社で次世代の車載通信機の技術仕様を共同で開発し、通信システムの共通化を推進することに合意したと2021年4月27日発表した。

次世代車載通信機 5社で共同開発

トヨタが開発した車載通信機技術をベースに、スズキ・SUBARU・ダイハツ・マツダが保有する技術を盛り込みながら、クルマからネットワーク、車載通信機センターまでの接続仕様を共通化した次世代のコネクティッドカー向けのシステムを構築する予定。車両と車載通信機センター間の通信品質がこれまで以上に安定し、お客様とオペレーター間の通話がよりクリアに、接続スピードもより速くなるなど、お客様により快適なコネクティッドサービスを提供するとともに、各社の開発工数を低減し、システム運用や機能追加を含むバージョンアップなどを簡素化する。志を同じくするその他のパートナーとの連携についても、つねにオープンに検討。

ニュースリリース

https://www.suzuki.co.jp/release/d/2021/0427/

https://www.subaru.co.jp/press/news/2021_04_27_9759/

https://www.daihatsu.com/jp/news/2021/20210427-1.pdf

https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/35230333.html

https://newsroom.mazda.com/ja/publicity/release/2021/202104/210427a.pdf

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-カーナビ
-

© 2021 最新自動車情報