パイオニア カロッツェリア 新型 サイバーナビ 「AVIC-CQ912-DC」など8機種 2021年10月5日発表

パイオニアのカロッツェリアはカーナビ「サイバーナビ」2021年モデル、8機種を2021年10月5日発表、11月発売。

目次

カロッツェリア 2021年 サイバーナビについて

「サイバーナビ」の2021年モデルとなる9V型HD「AVIC-CQ912-DC」「AVIC-CQ912」、8V型HDモニター「AVIC-CL912-DC」「AVIC-CL912」、200mmワイドメインユニットタイプ7V型HDモニター「AVIC-CW912-DC」「AVIC-CW912」2Dメインユニットタイプ 7V型HDモニター「AVIC-CZ912-DC」「AVIC-CZ912」をラインナップ。各モデルに「docomo in Car Connect」を1年間無料で利用できる「ネットワークスティックセット DCモデル」を設定。

デザイン

コンソールと一体感のある「フルフラットデザイン」を採用し、ディスプレイにとけ込んだフラットなハードキーがより洗練された機能美を実現。また、「フルフラットデザイン」に合わせて、HOME画面やAV画面などのインターフェイスも近未来的で洗練されたデザインを採用。

昼間にヘッドライトの点灯に連動して本体画面が暗くなり視認性が低下することを回避するため、「画面明るさ切替設定」を新たに追加。クルマや状況に合わせて「時刻連動」と「イルミ連動」から選択が可能。

車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」に対応

NTTドコモの車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」に対応し、同梱もしくは別売のネットワークスティックを接続して車内にWi-Fiスポットを構築できる。また、YouTube動画を直接再生できる「ストリーミングビデオ」や家庭用ブルーレイレコーダーの映像・録画コンテンツを遠隔再生できる「レコーダーアクセス」などのネットワークを利用した機能により車内で映像コンテンツなどを存分に楽しむことができる。ネットワークスティックセット(-DCモデル)を購入した場合には、「docomo in Car Connect」を1年間無料で利用可能。

サイバーナビならではの高画質・高音質再生を実現

ディスプレイに高精細HDパネルを採用、HD解像度に対応。地図表示はもちろん、ストリーミングによる映像コンテンツやテレビなどさまざまな映像ソースを高コントラストかつ高解像度で描画、繊細な色彩で楽しめる。さらに、ハイレゾ音源の再生に加え、「マスターサウンドリバイブ」機能を搭載しているため、CDや圧縮音源だけでなく、ネットワーク動画やDVD/SD/USBなどの映像ソースの音までもハイレゾ音源相当にアップグレードし、臨場感あふれる音で再生できる。

自動地図更新に対応し、追加費用なしで最新地図データ利用が可能

ネットワークスティックやWi-Fiテザリングなどを利用すれば自動で地図を更新。いつでも手軽に新しい道路や施設情報を自動でアップデートできるので、手間なく常に最新の地図でドライブができる。また、追加費用なく自動で最新の道路/地点データ情報に更新できるバージョンアップが、最大3年分(発売時~2024年10月31日)付いているので、取り付け後も新しい道路や施設などの情報を使える。

サイバーナビ

サイバーナビ ラインアップ
サイバーナビ | カーナビ・カーAV(carrozzeria) | パイオニア株式会社 車はオンラインで楽しむ時代。カーライフに無限の楽しさを。カロッツェリアのサイバーナビ ラインアップをご覧いただけます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる