MENU

新型 Aクラス マイナーチェンジモデルに「Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+」「Mercedes AMG A 35 4MATIC」追加

メルセデス・ベンツは、新型「Aクラス」にスポーツ新モデル「Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+」「Mercedes AMG A 35 4MATIC」追加し日本発売を発表した。

目次

新型「Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+」「Mercedes AMG A 35 4MATIC」追加

新型「Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+」「Mercedes AMG A 35 4MATIC」」は、内外装のデザインを刷新、ナビゲーションシステムをSクラス等に採用している最新世代にアップデートし、「MBUX ARナビゲーション」「アドバンスドサウンドシステム」等を標準装備、「A 35 4MATIC」には48V電気システムとBSG(ベルトドリブン・スタータージェネレーター)を搭載。

新型「Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+」「Mercedes AMG A 35 4MATIC」スペックについて

「A 35 4MATIC」には、最高出力306PS(225kW)、最大トルク400Nm を発生する、2.0L 直列 4 気筒ターボエンジン「M260」が搭載。低回転域での力強く、自然なレスポンスと、中高回転域での伸びやかな加速感を両立させるため、ツインスクロールターボチャージャーや可変バルブリフトシステム「CAMTRONICカムトロニック」を採用。今回の改良にあたり、ベルトを介してクランクシャフトと接続される、スターターとジェネレーターを兼ねるモーター「BSG」と「48V 電気システム」を採用。回生ブレーキ等により発電した電気を約 1kWh のリチウムイオン電池に蓄電し、振動の少ないエンジン始動、滑らかで力強い加速、素早いギアシフトなどの必要に応じて、最大トルク 160Nmの動力補助を行い、燃費低減効果だけでなく、パワートレインの総合性能を引き上げた。

A 45 S 4MATIC+には、M260エンジンと同様にツインスクロールターボチャージャーや可変バルブリフトシステム「CAMTRONICカムトロニック 」を採用、最高出力421PS (310kW)、最大トルク500Nmを発生する2.0L 直列 4気筒ターボエンジン「M139」を搭載。最大トルクを5,000から5,250rpmの範囲で発生するなど、トルクカーブが自然吸気エンジンに近い特性を実現しエモーショナルな加速感を味わうことができる。

メルセデスベンツ

https://media.mercedes-benz.jp/download/faece37d-c8e2-48ff-8430-dcbea71da47e/20230426-a35-a45s-fnl.pdf

https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars.html

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次