国内自動車8社 共同でエンジン基礎研究 欧州勢に勝つために

トヨタ自動車や日産自動車、ホンダなど国内自動車大手8社は2014年5月19日、乗用車の燃費向上や排出ガス低減に向けた基礎研究に共同で乗り出すと発表した。欧州やインドで主流のディーゼルエンジン車の排ガス浄化技術などに取り組む。競争力強化に向けて日本勢がタッグを組み、欧州勢などに対抗する。新組織の名称は「自動車用内燃機関技術研究組合(AICE)」。設立日は2014年4月1日付。理事長にはホンダ子会社の本田技術総合研究所の大津啓司常務執行役員が就いた。

目次

国内自動車大手8社は

トヨタ

ホンダ

日産

スズキ

三菱

マツダ

ダイハツ

富士重工業

大津理事長は日本車のエンジンについて、欧州勢と比べて「技術力で負けている認識はない」との見方を示した。「欧州のような産学官連携の仕組みができれば(技術力で)負けることはない」と強調。

自動車用内燃機関技術研究組合(AICE)

あわせて読みたい
自動車用内燃機関技術研究組合(AICE:アイス) 自動車用内燃機関技術研究組合(AICE:アイス)は、2014年に設立した自動車会社9社、研究機関2団体で構成する技術研究組合です。自動車用エンジンの高効率化、低排ガス化の...

日本経済新聞

日本経済新聞
国内自動車8社、新エンジン開発へ新組織 燃費向上で共同研究 トヨタ自動車(7203)やホンダ(7267)など国内の自動車大手8社と財団法人日本自動車研究所は19日、環境負荷が少ない自動車用エンジンの基礎研究を手掛ける新組織を共同で設立...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる