フォード 新型 リンカーンナビゲーター 4代目を2015年発売 大幅変更

フォード

フォードは人気SUVリンカーンナビゲーターの新モデルの開発を進めている。

リンカーンナビゲーター

フォードブランドの、「エクスペディション」をベースに開発されたリンカーンの最上級SUVが、ナビゲータだ。

1998年に、初代ナビゲーターを発売。

2003年に、2代目にモデルチェンジ。

2006年に、3代目にモデルチェンジ。

2008年には、日本市場にも正規輸入を開始。

今回のモデルは2015年に投入される予定だ。

エンジンは「エコブースト」と呼ばれるダウンサイジングされたエンジンだ。直噴3.5リットルV型6気筒ツインターボを搭載。最大出力370ps、最大トルク59.5kgm。

新デザインのグリル、ヘッドランプもLEDを配し、バンパーやボンネットのデザインも変更。ボディは以前のモデルと同様2種類。標準は全長5,268mm、ロングは全長5,646mm。

中央部には8インチのタッチスクリーン、メーター内には4.2インチの液晶ディスプレイ

ダッシュボードの形状を一新。

ソース

https://www.carscoops.com/2014/08/the-lincoln-navigator-could-go-aluminum/

フォード
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020