スバル 新型 レガシィ B4 BLITZEN コンセプト まさかの復活!?

本日、2015年1月9日からスタート東京オートサロン。ここで、一番の注目となりそうなのが、スバルの「レガシィ B4 BLITZEN CONCEPT」である。

目次

レガシィ B4 BLITZEN CONCEPTについて

知らない方もいるだろうが、以前のレガシィには設定があったモデルだ。3代目レガシィ(BE/BH)で1999年10月 東京モーターショーで「BLITZEN」を初めて公開した。2000年2月に初代のBLITZENモデルを発売を開始!!4代目レガシィ(BL/BP)は2005年10月 東京モーターショーで「ツーリングワゴン BLITZEN 2006 MODEL」を出展。その後、2005年12月に2代目BLITZENを発売した!!2006年3月までの期間限定販売。しかしその後のモデルではBLITZENモデルが出ることはなかった。そして9年後となる今、新型の「レガシィ B4 BLITZEN CONCEPT」を発表したのである。過去の BLITZENモデルのコンセプトを継承することは見てわかる。エアロはポルシェデザイン社で外装デザインを引き続き、担当している。もちろん、ホイールやリアスポイラーなどもオリジナル設定である。

BLITZEN

(東京オートサロン2015出展)

(初代のBLITZENモデル)

(BLITZEN 2006 MODEL)

2006年モデルでは以下の変更点があった。

・フロントグリル[メッシュタイプ]
・リヤバンパー(ツーリングワゴン)
・ルーフスポイラー(ツーリングワゴン)
・18 インチアルミホイール
・本革シート[フロントBlitzenロゴ入り、パールブラック色]
・ドアトリム[部分加飾、パールブラック色]
・専用メーター[Blitzenロゴ入り]
・キーホルダー
・フロントバンパー
・リヤバンパー(B4)
・サイドスカート
・リヤエンブレム
・アルミサイドシルプレート[フロントBlitzenロゴ入り]
・車検証入れ

これに近いと思われる。

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

スバル東京オートサロン2015

あわせて読みたい
Access Denied

参考ページ

あわせて読みたい
Access Denied

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる