三菱自動車 ekワゴン JC08モード燃費30.4km/L→25.8km/L 最大16%悪化 国交省の計測

三菱

三菱自動車と国土交通省は2016年6月21日燃費不正問題で燃費データが改ざんされていた軽自動車4車種の燃費について新届出燃費値を発表した。発表内容の中には実際のカタログ値よりも最大で約16%悪かった。

eKワゴン「M」「M e-Assist」「G」「G Safety Package」(2WD)JC08モード燃費30.4km/L→25.8km/L

eKカスタム「T Safety Package」(4WD)JC08モード燃費25.0km/L→21.8km/L

eKスペース「G Style Edition」(4WD)JC08モード燃費24.6km/L→20.6km/L

毎日新聞

国交省は同日、燃費値の修正を指示した。三菱自はこれに応じ、不正を公表した4月20日から停止している
水島製作所(岡山県倉敷市)での軽自動車生産を7月中にも再開したい考え。三菱自は軽4車種の燃費を実際よりも良く見せるため、燃費性能の基礎データとなる「走行抵抗値」を改ざんしていた。不正発覚を受けて国交省は、4車種の各モデルを合わせた計33台を対象に抵抗値を実測し、燃費や排ガス成分量を独自に再計測した。その結果、実際の燃費はカタログ値より約5〜約16%悪く、平均で約11%下回っていた。
「eKワゴン」の最新モデルの場合、ガソリン1リットルで走行できる距離は、カタログ値の30・4キロから26・1キロになった。燃費性能に応じて顧客の税負担を軽減するエコカー減税も、今回の燃費修正を受けて一部は負担増となる。顧客に生じる未納分は三菱自が補償する。
石井啓一国交相は21日の閣議後記者会見で「三菱自の不正行為によるもので、大変遺憾」と述べた。
【川口雅浩、内橋寿明】

ek_custam_05981.jpg
ek custam
ek_wagon.jpg

ek_custm.jpg

ek_space.jpg

三菱自動車ニュースリリース

https://www.mitsubishi-motors.com/important/detailg420_jp/info03.html

毎日新聞

http://mainichi.jp/articles/20160621/k00/00e/020/178000c

三菱
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました