ダイハツ 新型 キャスト マイナーチェンジ 一部改良 特別仕様車プライムコレクションを設定 2016年6月20日発売

ダイハツ

ダイハツは、新型キャストを一部改良し、さらに特別仕様車を設定して、2016年6月20日に発売した。2015年9月9日発売からキャストの販売を開始。

キャスト スタイル 価格:122万400円~164万1600円

キャスト アクティバ 価格:122万400円~164万7000円

キャスト スポーツ 価格:162万円~174万4200円

キャスト スタイル 特別仕様車「プライムコレクションSA II」 価格:147万9600円~170万6400円

キャスト アクティバ 特別仕様車「プライムコレクションSA II」価格147万9600円~171万1800円

新型 キャストについて

2013年12月24日にスズキが軽SUVのハスラーを発売し、大ヒットをした。当然、ダイハツも黙っている訳にはいかず今回の新型キャスト (CAST)が生まれた。ベースは新型ムーブをベースに開発されており、デザインの特徴はヘッドライトが丸目で可愛らしいイメージ。新型ムーブにも採用されている、ミライースのテクノロジーをフル活用することで燃費を上げ、高圧縮比化、アトキンソンサイクル化、デュアルインジェクタの採用などによる熱効率の向上、エネルギーマネジメントの進化としてエコ発電制御の改良による回生電力の増加などを行う。

ニュースリリース

キャストは多様化するユーザーニーズに応えられる「アクティバ」「スタイル」「スポーツ」の3つのバリエーションを同時に開発することで、お求めやすい価格を実現した。今回の一部改良では、キャストシリーズで好評の多彩な内外装カラーバリエーションをさらに拡充し、魅力を向上。さらに「アクティバ」「スタイル」には、レザー調シートで上質な質感を演出した特別仕様車「プライムコレクション」を設定した。

キャスト スタイル

デザインフィルムトップのカラーに、2015年 東京モーターショーの参考出品車で好評を得たシルバーをベースに新開発した「ヘアライン調/シルバー」を新設定。また「カーボン調/ワインレッド」も選択可能として、2トーンカラーの選択肢を従来の1色から3色に拡大。

インテリアアクセントカラーに、従来の「シルバー」「バーガンディ」「ライトブラウン」に加え「ピンク」「ネイビー」「ブラック」「ホワイト」の4色を追加し、外板色との相性が良いインテリアカラーを選択可能に。

デザインフィルムトップのカラーに「カーボン調/ブラック」を新たに設定し2トーンカラーの選択肢を2色とした。

インテリアアクセントカラーに従来の「シルバー」「ブルー」「オレンジ」に加え「レッド」「ネイビー」「ブラック」「ホワイト」の4色を追加し、外板色との相性が良いインテリアカラーを選択可能に。

外板色にブライトシルバーメタリックを追加

キャスト スポーツ

デザインフィルムトップ選択時にはレッドが標準設定となっている「ドアミラー」と「リヤクォーターピラーパネル」のカラーをブラックに変更可能なメーカーオプションを新たに設定。

装備強化4WD車の最低地上高を「アクティバ:180mm」「スタイル、スポーツ:150mm」として、より走破性を向上。

助手席シートヒーターを追加。

特別仕様車の概要

キャスト アクティバ G“プライムコレクションSAⅡ”/Gターボ“プライムコレクションSAⅡ”キャスト スタイル G“プライムコレクションSAⅡ”/Gターボ“プライムコレクションSAⅡ”

特別装備

レザー調シート(アクティバ:ブラック/レッドステッチ、スタイル:ホワイト)

インテリアアクセントカラー(アクティバ:外板色対応、スタイル:ホワイト)

センタークラスター(アクティバ:プレミアムシャインブラック)(スタイル:プレミアムシャインシルバー)

ドアアームレスト(アクティバ:プレミアムシャインブラック)(スタイル:プレミアムシャインシルバー)

純正ナビ装着アップグレードパック

スーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)

スーパークリーンエアフィルター

SRSサイドエアバッグ(運転席/助手席)

シートヒーター(運転席/助手席)

ダイハツ

https://www.daihatsu.co.jp/top.htm

ダイハツ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020