BMW

BMW 新型 iX xDrive50 2022年モデル 米国仕様を発表

BMWは電気自動車「iX xDrive50」2022年モデルの米国仕様を発表した。

新型 iX xDrive50 2022年モデル

スペック

BMW iX xDrive50 は、電気自動車「スポーツ アクティビティ ビークル」(SAV) シリーズの唯一のバリエーション。米国仕様モデルには、最高出力268 hp、最大トルク260 lb-ft (352 Nm) 発生するフロント電気モーターと、最高出力335 hp および 最大トルク295 lb-ft (400 Nm) のトルクを発生するリア電気モーターが装備。 . これらのモーターを組み合わせて システム最高出力516 hp と システム最大トルク564 lb-ft (764 Nm) となる、106.3 kWh のバッテリー パックから電力を供給される。0 ~ 62 mph (100 km/h) の速度は 4.6 秒で、最高速度は 124 mph (200 km/h) です。iX xDrive50 の EPA 推定航続距離は 300 マイル (482 km) 。DC 急速充電器による最大 200 kW の急速充電をサポート、40 分未満でバッテリーを 10 ~ 80% まで充電できる。航続距離は、10 分間で最大 90 マイル延長することも可能。

サスペンションのトラベルに応じてショックの硬さを調整するリフト関連のダンピング システムが標準装備。BMW によれば、これは大きなバンプを走行する際の過度のボディ ダイブを防ぎ、中間のダンピング ポジション付近の低い減衰力により、道路の小さな凹凸を走行する際に高いレベルの快適性を保証します。購入者は、電子制御ショックを備えたアダプティブ サスペンション システムと、自動セルフレベリングを備えた 2 軸エア サスペンションをオプションで選択できる。

インテリア

BMW iX のインテリアは、他のすべての BMW モデルとは劇的に異なり、12.3 インチのインフォテインメント ディスプレイと 14.9 インチのコントロール ディスプレイを 1 枚の曲面ガラスの下に組み合わせている。システムは、BMW iDrive 8 で実行され、無線による更新が含まれている。先進のヘッドアップ ディスプレイ、六角形のステアリング ホイール、4 ウェイ オートマチック エアコン、ボタンを押すだけで透明度を調整できる薄いフィルム層を備えたパノラミック ガラス ルーフも特徴。

iX xDrive50 には、18 個のスピーカーと 655 ワットの出力を備えた Harman Kardon オーディオ システムに加えて、2 つのサブウーファーと 4 つのスピーカーがヘッドレストに組み込まれていることも、オーディオファンにとって喜ばしいことです。オプションとして、30 個以上のスピーカーと 1,615 ワットの Bowers & Wilkins オーディオ システムを採用している。

ソース

BMW’s 2022 iX xDrive50 Is A Big Electric SUV That’ll Cost You At Least $83,200

BMW 新型 iX キドニーグリル採用 EVモデル 2021年発売

BMW iX

https://www.bmw.com/en/events/nextgen/index.html

BMW

https://www.bmw.co.jp/ja/index.html

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-BMW

© 2021 最新自動車情報