ランドローバー イヴォーグとレンジローバー スポーツ 1.5L 直3 プラグインハイブリッド発表

ランドローバー

ランドローバーは新しいプラグインハイブリッドシステムを発表した。「レンジローバーイヴォーク P300e 」「ディスカバリースポーツ P300e」を発表した。

レンジローバーイヴォーク P300e

1.5L 3気筒ガソリンエンジン、107 hpの電気モーターと15 kWhのバッテリーで最高出力197 hpを供給。システム最高出力304hp、最大トルク398 lb-ft(540 Nm)となる。50 kWおよび100 kWのDC急速充電器(SUVは32 kWまで充電)、バッテリーを0から80%まで30分で再充電できる。P300eの全電気距離は41マイル(66 km)で走行できる。

ディスカバリースポーツ P300e

通常の家庭用ソケットを介してバッテリーを6時間42分で充電できるモード2家庭用充電ケーブルが付属。3つの異なる運転モードを採用。デフォルトのハイブリッドモードでは、エンジンと電気モーターは調和して動作し、走行条件とバッテリーの残量に適応。EVモードは、電気モーターがSUVにのみ電力を供給する場合にも提供。最後に重要なこととして、SAVEモードは、燃焼エンジンを主電源として優先し、バッテリーの充電状態を特定のレベルに維持。

ソース

https://www.carscoops.com/2020/04/land-rover-debuts-1-5l-3-cylinder-plug-in-hybrid-evoque-and-discovery-sport/

ランドローバー

https://www.landrover.co.jp/index.html

ランドローバー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020