マツダ 2024年2月1日 新時代に適合した「ロータリーエンジン」を開発へ 技術開発部に「RE開発グループ」を復活

当ページのリンクには広告が含まれています。
RE MAZDA

マツダは2024年2月1日付で「ロータリーエンジン(RE)開発グループ」を新設し、ロータリーエンジンの開発を開始すると発表した。2018年に解散された「ロータリーエンジン(RE)開発グループ」を約6年ぶりに再結成となる。新生のRE開発グループでは、REを発電機用として継続的に進化させ、主要市場での規制対応やカーボンニュートラル燃料対応などの研究開発に取り組むとしている。

「マツダの歴史において、REは『飽くなき挑戦』を象徴する特別な存在です。これまでREを支えていただいたすべての皆さまに心から感謝申し上げます。このたび、世界中のお客さまに愛されてきたREを開発する組織を復活させました。今日までの約6年間、RE技術者は最先端の内燃機関の機能開発や究極の効率改善を掲げるエンジン開発の組織に属し、エンジン方式の垣根を越えてその視座を広げ、またマツダの強みの一つである『モデルベース開発』の使い手として鍛錬してきました。このたび36人の技術者が一つのグループに集結し、REの研究開発でさまざまな壁をブレークスルーするスタートを切ります。電動化時代そしてカーボンニュートラル社会においても、『飽くなき挑戦』でお客さまにワクワクしていただける魅力的なクルマをお届けすることをお約束します」

取締役専務執行役員兼CTO(最高技術責任者)廣瀬 一郎氏
関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。

マツダ「RX」復活が期待できる?!2024年2月1日「ロータリーエンジン」開発グループ立ち上げへ

目次

マツダ ロータリーエンジン開発について

マツダの代表取締役社長の毛籠氏は「マツダ アイコニックSPにへは多くの賛同、そして激励をいただきました。大変嬉しく、とっても感激しています。この場を借りて皆様に御礼申し上げます。皆様に背中を押されて、この夢に近づくべく、2月1日にロータリーエンジンの開発グループを立ち上げます。カーボンニュートラル時代に向けた課題をブレイクスルーするため。エンジン方式の垣根を超えた広い技術的種だと最先端の内燃機関技術、そしてマツダ得意のモデルベース開発の使い手として鍛錬を積んだエンジニアたちが再結集します。」と発表した。

マツダ コンパクトスポーツカー「アイコニックSP」について

マツダは、コンパクトスポーツカーコンセプト「MAZDA ICONIC SP(マツダアイコニック エスピー)」を「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー)」で2023年10月25日世界初公開した。造形の基本となる「骨格」づくりにおいて、優れた運動性能を印象づける低重心のプロポーションを目指した。軽量・コンパクトなロータリーエンジンをクルマ中央部に寄せて搭載するコンセプトにより、低いボンネットを実現。水素など様々な燃料を燃やせる拡張性の高いロータリーエンジンを活用した、2ローターRotary-EVシステムは、カーボンニュートラル燃料で発電。搭載バッテリーは、再生可能エネルギー由来の電力で充電されると、実質カーボンニュートラルでの走行が可能。2ローターRotary-EVシステムが発生する高出力と、更に低重心なプロポーション、50:50前後重量配分により、優れた運動性能を実現。また、スポーツカーでありながら、屋外のレジャーを楽しむとき、また災害時の電力供給が可能。

ボディカラーの「VIOLA RED」は、“赤を大切にしたい”というマツダの想いをもとに、“前向きに今日を生きる人の輪を広げる”というマツダの企業理念を重ね合わせて創ったコンセプトカラー。

マツダの代表取締役社長は「マツダ アイコニックSPは時代が変わってもその時代に適合したソリューションで。車っていいよね。楽しいよね。ということを提供し続けていくんだ。そんな私たちの思いをコンパクトスポーツカーという形にまとめたものです。2ローターのロータリーエンジンをジェネレーターとして持つ。この独自のシステムは普段はモーターとバッテリーで駆動するバッテリー EV として、そして出かけた先では電気を自由に使って楽しめる。また、キャリーバッグ 2人分を搭載し。航続距離を気にすることなく、自由にドライブ。旅行も不自由なく楽しめる。そして笑顔いっぱいで家に帰ってくる。もちろんスポーツカーですから、パフォーマンスも一級品です。スペックはご覧の通りですが、ポルシェ 911相当のパフォーマンスを持っている。」と述べている。

コンパクトスポーツカー「MAZDA ICONIC SP(マツダアイコニック エスピー)」スペック について

スペックMAZDA ICONIC SP
全長4,180mm
全幅1,850mm
全高1,150mm
ホイールベース2,590mm
最高出力370PS
車両重量1,450kg

一番ファンが願っているのは「MAZDA ICONIC SP」は新開発「ロータリーエンジン」を搭載し、新型「RX」シリーズとして「RX-7」または「RX-8」さらには「RX-9」の様な車名で発売されることを期待する。

マツダ ニュースリリース

https://newsroom.mazda.com/ja/publicity/release/2024/202402/240201b.html

RE MAZDA

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次