フォルクスワーゲン 新型 ザ・ビートル「#PinkBeetle」300台限定車 初採用となるピンク色 2016年11月9日発売

フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲンは新型ザ・ビートル特別限定車「#PinkBeetle」を 300台限定で2016年11月9日から発売を開始。初採用となるピンク色のボディカラー“フレッシュフクシアメタリック”を採用。

価格:307万円

新型 ザ・ビートル「#PinkBeetle」について

ニュースリリースより
「#PinkBeetle」は、フォルクスワーゲン ファンやビートル ファンの声によってネーミングされ、フォルクスワーゲン モデルラインアップの中で初めてモデル名に「#=ハッシュタグ」が付くモデルです。この鮮やかなピンク色にペイントされたビートルは 、2015年のニューヨーク オートシ ョ ーでコンセプトカーとしてデ ビュー し 、それ以 降 、ソーシャル メ デ ィ ア を中心に世界中 で大きな話題となり、ついに日本にて限定車として導入することとなりました。“The Beetle”では初採用となるボディカラー“フレッシュフクシアメタリック”は、鮮やかな発色がとても印象的な“フクシアの花*”をイメージしています。ボディ本体には、ブラック塗装したドアミラー、サイドモールディングをアクセントとして
取り付け、さらに、リヤスポイラー、専用の 17 インチアルミホイールを特別装着することで、微笑ましく見えるピンク色のビートルにクールでスポーティなエッセンスを加えました。インテリアは、ピンク色のエクステリアとは対照的に、ブラックをベースに、スポーティモデル“GTIシリーズ”専用のタータンチェックをピンク色にアレンジした
ファブリックシートを採用するなど、ピンクのアクセントを施したお洒落な空間を演出しています。

* アカバナ科の低木。100 種ほどの原種からなり、栽培品種も雑種起源を中心に多種多様である。フクシアは属名で、ドイツの植物学者レオンハルト・フックスに起因すると言われる。
日本では「ホクシャ」とも呼ばれる。

安全面はベースモデルに比べて、従来オプション装備の後方の死角を検知してドライバーに警告を発する“ブラインドスポットディテクション”や“リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)”を特別標準装備とし、“Volkswagen オールイン・セーフティ”をより強化することで、より安全で快適なドライブをご提供いたします。また、人気オプション装備のバイキセノンヘッドライト(ハイトコントロール機能付)や Volkswagen純正ナビゲーションシステム“716SDCW”を標準装備とし、安全性や利便性をさらに高めています。

新型 ザ・ビートル「#PinkBeetle」装備について

【主な仕様】 The Beetle Design に追加となる標準装備
外装 ドアミラー&サイドモールディング(ブラック)、リヤスポイラー
シート/内装 専用ファブリックシート、ドアシルプレート、専用インテリア**
**ダッシュパッド&ステアリングホイールトリム(ブラック/ピンク)、ドアトリム(ピンク)
足回り 215/55R17 インチタイヤ/7Jx17 アルミホイール
特別装備 Volkswagen 純正ナビゲーションシステム“716SDCW”、バイキセノンヘッドライト
ブラインドスポットディテクション、リヤトラフィックアラート

PinkBeetle_01.jpg

PinkBeetle_10.jpg

PinkBeetle_04.jpg

PinkBeetle_05.jpg

PinkBeetle_06.jpg

PinkBeetle_03.jpg

PinkBeetle_02.jpg

PinkBeetle_09.jpg

PinkBeetle_08.jpg

PinkBeetle_07.jpg

フォルクスワーゲン

https://www.volkswagen.co.jp/ja.html

フォルクスワーゲン
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019