マツダ プレマシー 2017年12月 生産終了

マツダ

マツダはミニバンのプレマシーの生産を2017年12月で終了する。

世界的なSUV人気もありプレマシーのフルモデルチェンジを行うことなく国内でのミニバンモデルを終了する。同じくマツダのミニバンモデルであるビアンテも2017年9月で生産を終了している。

今後国内ではクロスオーバーSUV 新型CX-8がマツダで唯一の3列シート採用モデルとなり2017年12月14日から販売を開始することになる。

マツダ プレマシーについて

初代 CP系 1999年-2005年
1999年4月26日にプレマシーを発表し発売開始した。
ファミリアをベースにした5ナンバーサイズのコンパクトミニバンとして発売される。
プラットフォームはマツダ・CPプラットフォームが採用。
乗車定員は5人乗りと7人乗りで後席ドアには前ヒンジ式のドアを採用。
3列目シートは着脱式で、3列目シートの装備をなくした物が5人乗りモデルである。

2代目 CR系 2005年-2010年
2005年2月7日にフルモデルチェンジを行い販売を開始。
2代目以降はMazda5として海外で販売される。
アクセラのプラットフォームを流用し全幅が広くなり従来の5ナンバーサイズからアクセラと同じように2代目からは3ナンバーサイズとなる。

premacy_2013_01.jpg

3代目 CW系 2010年-2017年
2010年7月1日にフルモデルチェンジを行い販売を開始。
「NAGARE(流れ)」造形を量産車では初めて本格採用。
2011年5月10日に日産にOEM供給を行いラフェスタを発売する。
2013年1月24日 にマイナーチェンジを行い発売を開始。
新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」を同社製ミニバンで初めて導入。

プレマシー スペック

全長:4,585mm
全幅:1,750mm
全高:1,615-1,650mm
ホイールベース:2,750mm

直列4気筒 DOHC 2.0L 直噴エンジン(SKYACTIV-G 2.0)
最高出力:111kW(151PS)/6000rpm
最大トルク:190Nm(19.4kgm)/4100rpm
トランスミッション:6速AT(SKYACTIV-DRIVE 6EC-AT)
JC08モード16.2km/L

premacy_2013_02.jpg

premacy_2013_03.jpg

premacy_2013_04.jpg

ソース
https://www.chugoku-np.co.jp/

マツダ

https://www.mazda.co.jp/

マツダ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました