スバル 富士重工業 2014年第3四半期連結業績は前期に続き過去最高を記録 累計出荷台数は59万3000台

スバル

富士重工業(スバル)は2月4日、2014年3月期 第3四半期連結業績を発表した。2014年3月期第3四半期の累計出荷台数は59万3000台(前年同期比12.7%増)で、過去最高を記録。

連結販売台数

特に北米では「フォレスター」や「インプレッサ」などの販売が好調で米国の出荷台数は32万6000台(同25.8%増)となったほか、国内も12万4000台(同11%増)と順調な伸びをみせた。連結売上高は1兆7085億円(24.6%増)。

営業利益増減要因

連結損益については、営業利益は2334億円(同218.1%増)、経常利益は2214億円(同249.1%増)、当期純利益は1815億円(241.7%増)と、為替の円高是正や出荷台数の伸びを反映していずれも第3四半期累計期間として過去最高を記録した。単独為替レートは1ドル98円。

好調な業績をうけ、通期見通しについても上方修正し、通期販売台数見通しは2万2000台増となる82万9000台に上方修正。連結売上高は2兆3800億円(同24.4%増)とした。

営業利益は3100億円(同157.5%増)、経常利益2940億円(同192.2増)、当期純利益2210億円(同84.8%増)とし、いずれも過去最高を見込んでいる。通期連結業績見通しの前提となる為替レートは1ドル99円。

スバル
https://www.subaru.co.jp/

スバル
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019