MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

三菱 新型 eKワゴン/eKカスタム/eKスペース 軽自動車初の前方歩行者対応の誤発進抑制機能を採用 2018年5月28日発売

三菱は、軽自動車 新型「eKワゴン」「eKカスタム」、「eKスペース」を一部改良して2018年5月28日発売した。

目次

最新の予防安全技術「e-Assist」を採用

衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]の機能向上に加え、従来の誤発進抑制機能に軽自動車初の歩行者対応(前進時)を追加した踏み間違い衝突防止アシストを全車に標準装備。また、新たに車線逸脱警報システム[LDW]を設定することで、「サポカーSワイド」または「サポカーSベーシック+」に該当した。

衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM] (全車に標準装備)従来モデルのレーザーレーダーに代わり、フロントカメラを採用し、前方の歩行者の検知を可能としました。さらに作動車速域を、対車両は従来の約30km/h以下から、今回約10km/h~80km/hまで拡大、対歩行者も約10km/h~60km/hとし、優れた安全性を確保しました。

踏み間違い衝突防止アシスト(全車に標準装備)従来モデルでは、前進時に障害物を検知した場合、誤発進抑制機能が作動。今回から採用した踏み間違い衝突防止アシストでは、障害物に対しては前進時および後退時ともに作動。さらに、前進時には対歩行者や対車両にも作動し、エンジンの出力制御やブレーキをかけて衝突を回避または衝突被害を軽減します。なお、歩行者に対して作動(前進時)する踏み間違い衝突防止アシストは、軽自動車として初採用となります。センサーはレーザーレーダーに代わり、フロントカメラとソナー(前後各4箇所)を採用しています。

車線逸脱警報システム[LDW]フロントカメラによって車両前方の車線位置を監視し、車線を逸脱する、もしくは逸脱しそうになると、ドライバーにメーター内の警告灯と警報音で注意を促します。

オートマチックハイビーム[AHB]採用グレードを拡大し、安全性の向上を図りました。

新型 eK シリーズ 価格について

eKワゴン

E e-Assist

2WD 1,109,160円

M e-Assist

2WD 1,220,400円

4WD 1,327,320円

G Safety Package

2WD 1,413,720円

4WD 1,520,640円

T Safety Package

2WD 1,473,120円

4WD 1,580,040円

eKカスタム

G Safety Package

2WD 1,512,000円

4WD 1,618,920円

T Safety Package

2WD 1,594,080円

4WD 1,701,000円

eKスペース

T Safety Package

2WD 1,620,000円

4WD 1,726,920円

G Safety Package

2WD 1,514,160円

4WD 1,621,080円

M e-Assist

2WD 1,317,600円

4WD 1,424,520円

カスタム T e-Assist

2WD 1,805,760円

4WD 1,912,680円

カスタム T Safety Package

2WD 1,870,560円

4WD 1,977,480円

カスタム G e-Assist

2WD 1,621,080円

4WD 1,728,000円

カスタム G Safety Package

2WD 1,685,880円

4WD 1,792,800円

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_wagon/index.html

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x_space/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる