トヨタ

トヨタ 新型 プロエース シティ エレクトリック 電気自動車 ヨーロッパ 2021年5月4日発表

toyota proace city electric

トヨタは新型「Proace CITY(プロエース シティ)」電動小型商用車(LCV)「Proace CITY Electric」 をヨーロッパ 2021年5月4日(現地時間)に発表した。2021年第4四半期からヨーロッパ市場に段階的に導入。

新型 プロエース シティ エレクトリック

エクステリア

標準の全長(4.4 m)およびロング(4.75 m)のホイールベースバリエーションのパネルバンと5〜7人乗りのVersoピープルキャリア。ロングホイールベースの5人乗りクルーキャブ。最大積載量は、標準ホイールベースバージョン(L1)で800 kg、ロングホイールベースモデル(L2)で750kg。両方のバンは、最大750kgのブレーキ付き荷物を牽引できる。

スペック

全て「Proace CITY Electric」 は、前輪駆動、電動モータは最高出力136 PS(134 HP / 100 kW)、最大トルク260 Nm(192 lb-ft)によって電力を供給。パワートレインは、リチウムイオン電池、統合されたDC / DC充電器/コンバーター、高電圧接続ボックス、オンデュレーター、およびレダクターも備えている。リチウムイオン電池は荷室の床下に配置され、荷室への侵入を防ぎます。18個のモジュールに216個のセルが編成されており、容量は50kWh。これにより、完全に充電されたときにWLTP260〜280 kmの走行可能に、最高速度は135km/h。パワーモードでは、0-100 km/hの加速を11.2〜11.7秒、​​バージョンに応じて8.9〜9.4秒の間に80〜120km/hの加速を実現。

バッテリーの再充電は、7.5時間かかる。オプションの三相11kW充電器を使用すると、バッテリーの充電時間が5時間に短縮され。バッテリーは100kW DC急速充電もサポートしており、30分で80%まで充電が可能。

安全運転支援システム

Toyota SafetySenseの幅広いアクティブセーフティシステムを採用。機能には、アクティブおよび衝突後ブレーキシステム、レーンキープアシスト、インテリジェントスピードアシストを備えた交通標識認識、ドライバー注意警告、トレーラースタビリティコントロール、ハイビームアシスト、ブラインドスポット検出、ヒルディセント/ディセントコントロールを備えた高度なグリップコントロールが含まれます。

ドライバーの支援、駐車センサー、リアビューカメラ、そしてバンの場合は、車両の周囲を俯瞰するためのVisiopark180度システムが利用できる。

トヨタヨーロッパの今後について

「Proace CITY Electric」は、トヨタが2025年までにヨーロッパで10%を超えるゼロエミッションのパワートレインミックスという目標を達成するのに役立つ大きな可能性を秘めている。新しいモデルは、フランス、オランダ、ノルウェー、 2021年の第4四半期からスイスとイギリス。他の市場は年の間にそして2022年に続く。

トヨタ 新型 プロエースシティ エレクトリック 電気自動車 コンパクトバン英国 2020年12月2日発表

トヨタニュースリリース

https://newsroom.toyota.eu/toyota-proace-city-electric-delivers-practicality-with-zero-emissions/

https://www.toyota-europe.com/new-cars/proace-ev/

https://www.toyota-europe.com/new-cars/proace-verso-ev/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-トヨタ

© 2021 最新自動車情報