MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ルノー新型 カングー フルモデルチェンジ 日本モデル 2023年春導入予定

当ページのリンクには広告が含まれています。

ルノーは「カングー」のフルモデルチェンジを行い日本モデルを2023年に発売する。2022年10月16日に新型「カングー」を「カングー ジャンボリー2022」(山中湖交流プラザ きらら)の会場で日本初公開した。世界的な半導体不足の影響による部品調達の遅延などが影響により、2023年春の導入を予定。

目次

新型 カングー フルモデルチェンジ について

2つの長さを含む4つのバージョンで提供、カングー、カングーバン、エクスプレス、エクスプレスバンで構成される。

新型「カングー」は、水平ヘッドランプを備えた完全に新しいフロントエンド、クロームトリムを備えた大きなグリル、大きな下部エアインテーク、筋肉質のフード、側面の新しいライン、および再設計されたリアエンドを備えている。

現在のイテレーションの古いダッシュボードパネルは、通気孔の下の中央に配置されたタブレットのようなインフォテインメントシステムを備えたよりモダンな外観の提案に置き換えられました。ステアリングホイールも新しいですが、3スポークのデザインを維持しており、その後ろには、ゲージ間に小さなLCDディスプレイを備えた従来のインストルメントパネルがある。

ギアシフトレバーは収納スペースがあり、ルノーはそのカテゴリーで最高の収納レベルを提供する。ボディスタイルに応じて、3.3〜4.9 CU-メートル(116.5から173立方フィート)の間の範囲は、簡単にサイドアクセスし、簡単に内部ラックによって強化することを非常に寛大な積載容積を有します。その他の目新しさには、デジタルバックミラー、トレーラースイングアシスト、高度な緊急アクティブブレーキ、ブレーキスタビリティコントロールの導入が含まれる。

カングー

https://www.renault.jp/car_lineup/kangoo/

ルノー

https://www.renault.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

下のバナーをクリックしていただくと、当サイトにポイントが入り、ランキングがアップします。
(1日1クリックまで)

1位を目指しています!応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
自動車ランキング
自動車ランキング
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
ゲームバナー
ゲームバナー
目次