MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

メルセデス・ベンツ 新型 Aクラス ビックマイナーチェンジ 2022年10月5日発表

当ページのリンクには広告が含まれています。

メルセデス・ベンツは「Aクラス」のビックマイナーチェンジ(2023年モデル)を行い、2022年10月5日(現地時間)発表した。

目次

新型 Aクラス ビックマイナーチェンジについて

Aクラスに加えられたエクステリアの変更は最小限です。確かに、星の模様が入った一新されたグリル、LEDをオプションで選択できる新しいヘッドライト、4つの新しいホイールデザイン、標準のLEDテールライト、新しいリアディフューザーなどの変更。

2023年Aクラスのキャビンに加えられた変更は、7インチのデジタル インストルメント クラスターと10.25インチのインフォテインメント ディスプレイが標準装備、オプションでデュアル 10.25インチのディスプレイを利用できる。また、新しい平底ステアリング ホイール、MBUXシステム用のロータリーコントローラーのない簡素化されたセンター コンソール、およびタービンにヒントを得たエアベント。

メルセデス・ベンツは、提供されているさまざまなトリムレベルの標準コンポーネントにも変更を加えました。エントリーレベルのモデルには、立体的にエンボス加工された ARTICO張り地が標準装備され、プログレッシブ トリムのキャビンには、ブラック、ベージュ、および新しいセージ グレーが用意されています。新しいダーク カーボン ファイバー ルック トリムもインストルメントパネルとドア パネルを飾り、AMGライン モデルはブライト ブラッシュド アルミニウム トリムとレッドコントラストステッチを備えている。

さまざまな新機能も、Aクラスに標準装備。たとえば、エントリーモデルには、バックカメラ、USBパッケージ、ナッパレザー仕上げのステアリングホイールが装備。プログレッシブ トリム モデルには、LED ヘッドライト、ランバー サポート、パーキング パッケージ、ミラー パッケージなどが標準装備されます。メルセデス・ベンツは、パーソナライゼーション プロセスを簡素化するために、一緒に注文されることが多い機能的な機能もまとめている。

更新された A クラスの MBUX システムもこれまで以上に進化しており、指紋センサー、追加の USB-Cポート、Hey Mercedes 音声アシスタントの改善が組み込まれています。ドライバー アシスタンス パッケージも改善され、新しいパーキング パッケージは縦方向の駐車と 360 度のサラウンド ビューをサポート。

メルセデスベンツはまた、ベルト駆動のスタータージェネレーターを含む48ボルトのマイルドハイブリッドシステムで、AMG以外のすべてのガソリンモデルを更新しました. この車は、A 250 e ハッチとセダンのほか、A 180、A 200、A 220 4Matic、A 250 4Matic、A 180d、A 200 d、および A 220d 形式で提供。

メルセデスベンツ

https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/models/hatchback/a-class/overview.html

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次