アルファロメオ 新型「ジュリア クアドリフォリオ」改良モデル 日本モデル 2023年11月28日発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
Alfa Romeo Giulia

ステランティスジャパンの、アルファロメオはスポーツサルーン「Giulia(ジュリア)」の高性能モデル「ジュリア クアドリフォリオ 」の改良を行い、日本モデルを2023年11月28日に発売を開始した。今回の発表を記念し、期間中成約および登録でで「Alfa Romeo ドライビングアカデミー」への招待チケットをプレゼント。

目次

アルファロメオ 新型「ジュリア クアドリフォリオ」改良モデル について

仕様変更の最大の特徴は、スポーツドライビング時において、ドライバーの意図した通りの走りを実現する「メカニカル・リミテッド・スリップ・ディファレンシャル」を「Quadrifoglio」として初めて搭載した。コーナリング時に後輪左右の速度差を制御することで、エンジントルクを無駄なく路面へと伝達し、コントロール性や安定性を高めた。

今回の仕様変更で、12.3インチのデジタルクラスターメーターを新たに採用しました。既に採用されている通常グレードの「Giulia」および「Stelvio」の表示パターンを充実させ、「Evolved」「Relax」「Heritage」に加え、「Race」の選択が可能となりました。「Race」レイアウトでは、スポーツドライビングに不可欠なレブカウンター、スピードメーター、マニュアル走行時のシフトランプといった情報が中央に集約されます。また、レイアウトをカスタマイズし、追加情報をサイドダイヤルに配置することも可能インテリアには、「Quadrifoglio」専用となるカーボンファイバー3D仕上げを、新たに採用しました。従来のカーボンパネルに比べ、カーボンの織り目が立体的に表現され、独特の触感を持つマットな仕上がりとなった。

アルファロメオ 新型 ジュリエッタ 改良モデル エクステリア について

ステランティスジャパンの、アルファロメオはスポーツサルーン「Giulia(ジュリア)」よりスポーティなデザインに進化させたモデルを、2023年6月3日に発売を開始。エクステリアは、アルファロメオの特徴でもある「トライローブ」と呼ばれるフロントグリル部分およびテールランプに最新の意匠を施し、フルLEDマトリクスヘッドライトの新規採用と合わせて、先進的でスポーティなデザインに仕上げている。

アルファロメオ 新型 ジュリエッタ 改良モデル インテリア について

インテリアには、新たに12.3インチのデジタルクラスターメーターを標準装備し、インフォテイメントシステムをより充実。

アルファロメオ 新型 ジュリエッタ 改良モデル 価格 グレード について

モデルエンジン価格(税込)
Giulia
2.0 Turbo Veloce
2.0 L 直列4気筒
ツインスクロールターボ
ガソリンエンジン
6,550,000円
Giulia
2.0 Turbo Rosso Speciale
2.0 L 直列4気筒
ツインスクロールターボ
ガソリンエンジン
6,800,000円
Giulia Quadrifoglio2.0 L V型6気筒
ツインターボ
13,400,000円
あわせて読みたい
アルファロメオ 新型 ステルヴィオ 改良 フルデジタルメーター 標準装備 日本モデル 2023年6月3日発売 ステランティスジャパンの、アルファロメオはSUV「Stelvio(ステルヴィオ)」よりスポーティなデザインに進化させたモデルを、2023年6月3日に発売を開始。同日スポーツ...

アルファロメオ ニュースリリース

https://www.stellantis.jp/news/20231128_alfaromeo_giulia_stelvio_my23

Alfa Romeo Giulia

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次