三菱 新型 アウトランダー PHEV Concept-Sを公開

三菱

三菱自動車は、2014年10月2日(木)から[一般公開は4日(土)から]19日(日)まで、フランス・パリ市のパリエキスポで開催されるLe Mondial De L’Automobile 2014(通称:パリモーターショー)において、世界初の4WD・ SUVプラグインハイブリッド車『アウトランダーPHEV』をベースとしたコンセプトモデル『アウトランダーPHEV Concept-S』を参考出品(世界初披露)します。

また、『アウトランダーPHEV』の2014年アジアクロスカントリーラリー参戦車及び欧州仕様の市販車、 『i-MiEV(アイ・ミーブ)』などの電動車両(電気自動車[EV]、プラグインハイブリッド車[PHEV])を中心に、合計11台(プレスデーは5台)を出品します。

PHEV_Concept-s_02.jpg

アウトランダーPHEV Concept-S

1.『アウトランダーPHEV Concept-S』概要

『アウトランダーPHEV Concept-S』は、『アウトランダーPHEV』のスペシャルパッケージとして提案するコンセプトモデルです。デザインテーマは「Sporty(スポーティ)& Sophisticated(洗練)」とし、「ツインモーター4WD」と「プラグインハイブリッドEVシステム」がもたらす力強くスポーティな走りと、静粛性に優れる先進的で上質な走りを備えたSUVの次世代の“走る歓び”を表現する内外装のデザインとしました。

(1)エクステリア

フロントフェイスは、フロントグリル中央にスリーダイヤを据え、左右から包み込むように象徴的なクロームモールで縁取ることにより、三菱自動車のSUVらしい力強さと安心感を表現しています。また、中心から外に向かって切れ上がっていくヘッドランプは、PHEVの先進性とダイナミックさを表しています。

フロントのデザインと同様に、リヤにおいても左右からプロテクトするイメージを強調するクロームモールと、外に向かって左右に広がるスリット状のリヤコンビランプで、動きのあるデザインとしました。

ボディカラーには、ガラス粒子を織り交ぜた輝きのあるプラチナホワイトを採用しています。

(2)インテリア

明るく輝きを放つエクステリアに対して、インテリアは、「ブラック&バーガンディ」を基調とする上質な空間としました。木目にシルバーのアクセントをあしらった本杢加工、職人の手による丁寧な縫製で仕立てた本革シート、“漆箱”をモチーフとした日本の工芸品のような端正な美しさを持ったフロアコンソールなど、緻密で洗練された技巧を細部まで取り入れることで、プレミアムなインテリアとしました。また、立体感のあるシートパッドが優れたフィット感を実現するとともに、乗員の身体に沿わせる形で施した柔らかなトリミングラインが、高いホールド性も実現しています。さらに、トリミングラインにはシルバーのアクセントをあしらうことで、ボディカラーとのコーディネートを図り、スポーティさと上質感を演出しています。

スペック アウトランダーPHEV Concept-S
全長 4,760mm
全幅 1,840mm
全高 1,700mm
ホイールベース 2,670mm
乗車定員 5名
パワートレイン プラグインハイブリッドEVシステム
(永久磁石式同期モーター2基、リチウムイオンバッテリー[12kWh]
2.0L 4気筒 DOHC MIVECガソリンエンジン等)
駆動方式 ツインモーター4WD

ニュースリリース

https://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/motorshow/2014/news/detail4820.html

三菱
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました