マツダ 新型 デミオ 2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞

本年度は10月13日に最終選考発表会が行われ、第35回目となる2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤーのイヤーカーがデミオに決定しました!

目次

2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤーのイヤーカー

受賞理由

国産コンパクトカーの常識を打ち破るデザインとクオリティ、そしてテクノロジーをリーズナブルな価格で実現したこと。低燃費技術を追求するなかで、新しい選択肢として小型クリーンディーゼルを採用する一方、MTモデルをリリースするなど多彩なニーズに配慮している点も好印象で、軽快なフットワークと相まってクルマの楽しさを再認識させてくれた。独自の魅力にあふれ、日本から世界に向けてアピールできる実力を持ったコンパクトカーである。

2014-2015インポート・カー・オブ・ザ・イヤー

2014-2015インポート・カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたのはメルセデス・ベンツ Cクラス セダンである。

受賞理由

セグメントにとらわれることなく、メルセデス・ベンツが現在持つ技術をあますことなく投入し、全力でユーザーにいいクルマを届けようとした力作。世界最高水準の衝突回避システムや運転支援機能、時代が求める環境性能を備えながら、走りの良さと快適性を高次元でバランスさせている。

このなかから、10月8~9日の期間に自動車評論家、ジャーナリスト、一般有識者からなる59名の選考委員によるイヤーカーを決定する最終選考の投票が行われた。最終選考会に進んだ上位10台は以下の通りです。

(ノミネート順) 

トヨタ自動車株式会社 トヨタ ヴォクシー/ノア

日産自動車株式会社 ニッサン スカイライン

本田技研工業株式会社 ホンダ N-WGN/N-WGN カスタム

マツダ株式会社 マツダ デミオ

富士重工業株式会社 スバル レヴォーグ

スズキ株式会社 スズキ ハスラー

メルセデス・ベンツ日本株式会社 メルセデス・ベンツ Cクラス セダン

ビー・エム・ダブリュー株式会社 BMW i3

フィアット クライスラー ジャパン ジープ チェロキー

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社 プジョー 308

日本カー・オブ・ザ・イヤー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる