トヨタ 2022年までに水素燃料電池自動車の価格をディーゼル車と同程度する

トヨタ

トヨタは、2022年までに燃料電池自動車の価格を、ディーゼル車と同程度まで下げることを目指している。

2022年までに水素燃料電池自動車

約7年後であるが、現在発売を開始した「MIRAI」は税込価格で723万6000円。これを200万程度まで下げることになる。2015年の年間販売台数は700台としており、その内訳は日本で400台、アメリカで200台である、現在の時点の課題は生産が1日3台作ることしかできないので生産性を向上させることと水素ステーションを増やすことである。

現時点で首都圏・中京圏・阪神圏など約40か所が予定されている。
JX日鉱日石エネルギーが2020年までに国内10拠点で水素を生産し、販売面では主要な約2000店を対象に順次、水素スタンドを導入する発表しており、2022年に価格をデーゼル車と同額ほどになれば町で多くの車が水素燃料電池自動車が走ることも夢ではなさそうだ。

Toyota_Mirai_678958.jpg

Toyota_Mirai_678932.jpg

Toyota_Mirai_678954.jpg

Toyota_Mirai_678931.jpg

MIRAI

https://toyota.jp/mirai/

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました