スズキ 新型 ソリオ ハイブリッド ソリオバンディット フルモデルチェンジ 2015年8月26日発売

スズキ

スズキは「ソリオ」「ソリオバンディット」のフルモデルチェンジを2015年8月26日に発売した。ソリオの価格は145万4760円~196万7760円、ソリオ バンディット価格は182万5200円~195万1560円。12月頃にはマイルドハイブリッドではなく、ハイブリッド車モデルもラインナップされる。そして、先行してホームページも公開された。

新型ソリオについて

現行ソリオは3代目で2010年12月24日に販売を開始しており、5年ぶりのフルモデルチェンジとなる。もともとソリオはワゴンRのワイドモデル「ワゴンRワイド」「ワゴンR+」「ワゴンRソリオ」が初代モデルでありワゴンRの普通車版ということになる。初代や2代目は多くをワゴンRと部品を共通化していた。現行の3代目では新たに開発したプラットフォームを採用しスライドドアなどを採用することで機能性をアップさせた。三菱自動車工業へ「デリカD:2」としてOEMなども行っている。そんなソリオが今回フルモデルチェンジを行う。

現行は、デュアルジェットエンジン+エネチャージを搭載しJC08モード燃費25.4km/Lであるが。新型ソリオはジュネーブモーターショー2015で新型となる「iK-2」と「iM-4」を世界初公開しその中で公開された。

新型ソリオ 次世代軽量プラットフォーム

アンダーボディの主要な構造や部品の配置を最適化し、効率よく剛性を高めながら軽量化を図り、燃費・安全性・操縦安定性・静粛性などを向上。

機能部品のモジュール化を図ることで開発効率を高めたプラットフォーム。ISGを搭載したマイルドハイブリッドシステム「SHVS」を採用し1.2Lデュアルジェット エンジンを搭載する。

ISG(モーター機能付発電機)によるモーターアシストと効率のよい回生発電を行う、マイルドハイブリッドシステム。リチウムイオンバッテリーとの組み合わせにより、サイズ・重量・コストといった小型車に求められる要件をバランス良く満たし、燃費を向上。これにより新型ソリオはJC08モード燃費27.8km/Lとなる。

エコカー減税対象車で自動車所得税80%減税、自動車重量税75%減税+クリーン税制、自動車税75%減税である。そして、スズキ初のセンターメーターを採用している。ステレオカメラ方式のデュアルカメラブレーキサポート搭載。ライバル車としてはトヨタ新型シエンタが1番考えられるが、新型ソリオは居住スペースとマイルドハイブリッドでの価格を下げることができる分、ユーザーとしては魅力的な1台となりそうだ。

新型ソリオ 6つの利点

室内ひろびろ 新開発プラットフォームの採用で、 ゆとりあふれる室内空間を実現。

燃費も走りも マイルドハイブリッドと 新開発エンジン搭載で、 低燃費と力強い走りを両立。

運転ラクラク 取り回しのよいボディーサイズで、 視界も広いから運転しやすい。

乗り降りスムーズ  スライドドアの 開口幅を拡大して、さらに乗り降りしやすく。

使い勝手がいい 実用的な収納スペースと、 多彩なシートアレンジで、使いやすさも向上。

大きな安心 ステレオカメラ方式の デュアルカメラブレーキサポート搭載で、さらなる安心を。

 

 

 

新型ソリオ スペック について

スペック 新型 ソリオ
全長 3,790mm
全幅 1,640mm
全高 1,765mm
ホイールベース 2,470mm
エンジン 直4 DOHC 1.2L+モーター
最高出力 91ps/6,000rpm
最大トルク 12.0kgm/4,400rpm
モーター最高出力 2.2ps
モーター最大トルク 14.1kgm
JC08モード燃費 27.8km/L
価格 145〜195万円

新しい情報が入り次第お伝え致します。

スズキ ソリオ

https://www.suzuki.co.jp/car/solio/

スズキニュースリリース

https://www.suzuki.co.jp/release/a/2015/0826/index.html

スズキ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020