ホンダ 新型 CR-Z マイナーチェンジ デザイン変更し 2015年8月27日発表

cr-z

ホンダは「CR-Z」のマイナーチェンジを2015年8月27日発表、2015年10月19日発売した。

目次

新型 CR-Z マイナーチェンジ

旧型モデルは初代モデルで2010年2月26日から販売が開始されその後、2012年9月28日にマイナーチェンジを行い、ホンダのハイブリッドカーでは初となるリチウムイオンバッテリーを搭載、バッテリー電圧を高めたことでモーター出力を向上した。外装ではフロントバンパーやリアディフューザー等のデザインを変更、8連LEDポジショニングランプを採用した。内装も素材やデザイン、配色の変更を行った。

今回のマイナーチェンジでは期待する人も多いと思うが、新開発のi-DCDハイブリッドシステムを搭載はなく旧型のモデルと同じ「Honda IMAシステム」を採用しハイブリッドシステムの変更はない

1.5 L 直4 SOHC 4バルブ i-VTEC、最高出力:118ps / 6,600rpm、最大トルク:14.7kgm/ 4,800rpm、モーター出力:20ps/2,000rpm、デザイン変更は行われ新しいデザインのフロントバンパー、リアバンパー、サイドスカート、アルミホイールが変更され新しいLEDヘッドライトを採用し、よりスポーティなイメージになった。インテリアなども変更し、電子制御パーキングブレーキ、「プッシュエンジンスタート/ストップスイッチ」採用だ。

2017年にはCR-Zのフルモデルチェンジも行われる予定で、ハイブリッドシステムもi-DCDハイブリッドシステム。を採用しエンジンもi-VTECターボエンジンを搭載される予定である。フルモデルチェンジCR-Z

あわせて読みたい
ホンダ 新型 CR-Z 新型ハイブリッドシステムi-MMD(e:HEV)搭載 2023年2月発売 ホンダは新型のCR-Zの開発を進めている。2020年6月25日に日本の特許庁に更新申請している。2020年7月29日(現地時間)に米国特許商標庁(USPTO)に商標を申請している。...

外装色にプレミアムベルベットパープル・パール、2トーンカラースタイルにブリリアントスポーティブルーメタリックとブラックルーフの組合せを新たに設定。

新型 CR-Z マイナーチェンジ スペック

スペック新型 CR-Z
全長4.075mm
全幅1.740mm
全高1.395mm
ホイールベース2.435mm
エンジン1.5 L 直4 SOHC 4バルブ i-VTEC
最高出力118ps / 6,600rpm
最大トルク14.7kgm/ 4,800rpm
モーター出力20ps/2,000rpm
JC08モード燃費21.6km/L
価格270万円~292万200円

ホンダニュースリリース

https://www.honda.co.jp/news/2015/4150827-cr-z.html

cr-z

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー

目次