MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ダイハツ 新型 タント タントカスタム マイナーチェンジ トップエディションSAⅡ追加 2015年12月14日発売

ダイハツは旧型タント・タントカスタムのマイナーチェンジを2015年12月14日に行い発売を開始した。価格122万400円~187万3800円。

目次

タント タントカスタム について

旧型の3代目タントは2013年10月より販売を開始。ロゴは再度変更されエンブレムを「TanTo」に変更した。衝突被害軽減ブレーキ「スマートアシスト」を装備したグレードを設定2015年4月からは進化版の「スマートアシストII」に変更。(レーザーセンサーとソナーセンサーに加えてカメラを搭載。)スマートアシストIIはJNCPN予防安全評価最高ランク獲得。「e:Sテクノロジー」そ採用し「車両の進化」を重点的に強化、前方はAピラー形状を工夫したことで風の乱れを抑制し、後方は樹脂化によって実現したスポイラーを一体型バックドアにより車両後方の風の流れを整流化した。2013年度にグッドデザイン金賞を獲得している。

新型 タント タントカスタム マイナーチェンジについて

そして、2015年12月に2年2ヶ月でのマイナーチェンジを果たすこととなる。気になる変更点だが、エクステリアを変更し旧型よりもスタイリッシュになる。「タント」は内装色を一新することで、質感を向上。また、かわいらしさ・おしゃれなデザインを好まれるお客様のご要望にお応えすべく、ホワイトを基調とした2トーンカラー「X“ホワイトアクセント SAⅡ”」グレードを新たに設定した。そして、新グレード「トップエディションSAⅡ」が追加される。タントカスタムよりも更にゴージャスになり、トヨタのキーンルックのような少しイカツイ雰囲気になるフロントグリルをダークメッキに変更し、Frグリル Frメッキで三菱の新型アウトランダーの様なフェイスとなる!!この新たなフェイスを採用することで更なる顧客獲得を狙う!!エンジンなどの改良はなく、JC08モード燃費26〜28km/Lである!!現在ホンダのN-BOXが軽自動車売り上げランキングで1位を獲得しているがタントが巻き返し1位となる日も近そうだ。気になる発売日だが2015年12月14日だ!!

RS“トップエディション SA II”
X“ホワイトアクセント SA II”
G“SA II”

新型 タント タントカスタム マイナーチェンジ スペック

スペック新型 タント/タントカスタム
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,750mm
ホイールベース2,455mm
エンジン水冷直列3気筒 660cc
最高出力52ps/6,800rpm
最大トルク6.1kgm/5,200rpm
JC08モード燃費26.0〜28.0km/L
価格122〜187万円

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ダイハツ

https://www.daihatsu.co.jp/top.htm

タント/タントカスタム

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/index.htm

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次