ホンダ 新型 シャトル ハイブリッド 一部改良 エクステリア・インテリアの質感を向上 2016年8月4日発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

ホンダは新型シャトルの一部改良を行いを2016年8月4日発売した。

目次

新型シャトルについて

フィットシャトルを車名変更し新型「シャトル」として2015年5月15日から販売を開始した。フィットシャトルはフィットがベースとなったエントリークラスのステーションワゴンであり、エアウェイブの実質的な後継車である。新型シャトルも同様、フィットをベースに作られている。

インテリアのルームランプを全とラゲッジルームランプをLEDに変更。(全グレード共通)HYBRID Xはフォグライト アクセル&ブレーキペダルにステンレス製スポーツペダルを採用。音声出力タイプのETC車載器。HYBRID Zは本革巻きステアリング ステンレス製スポーツペダル 音声出力タイプのETC車載器・トノカバー。

新型 シャトル 価格 グレードについて

HYBRID(7速DCT)

199万5000円(2WD)

218万9400円(4WD)

HYBRID X(7速DCT+パドルシフト)

219万5000円(2WD)

238万9400円(4WD)

HYBRID Z(7速DCT+パドルシフト)

239万5000円(2WD)

255万7000円(4WD)

G(CVT)

169万5000円(2WD)

188万9400円(4WD)

そして、旧型のシャトルには先進技術が搭載されておらず、カローラフィルダーとの差が生まれている。しかし、今回のマイナーチェンジ(一部改良)でホンダの先進技術、「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を搭載せず。

ホンダニュースリリース

https://www.honda.co.jp/news/2016/4160804-shuttle.html

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次