トヨタ

トヨタ 新型 シエンタ フルモデルチェンジ ハイブリッド化 全長も伸びて 2015年7月発売

2014年4月14日

sienta

トヨタがシエンタのモデルチェンジを行い2015年7月発売する。現在、シエンタは3列シート車として根強い人気車であり、今回のモデルチェンジではかなり力が入っている様子。

新型 シエンタ フルモデルチェンジについて

目玉としえてはハイブリット車の設定で、アクアと同じ1.5L+モーターを使用する。ホンダのフリードハイブリッドを上回る、クラスNo1の燃費を実現する。もちろん、ガソリンエンジンのモデルもラインナップされ、ガソリン車としては優秀な燃費となる。室内空間も広くなり、全長は約100mm程延長される。

新型 シエンタ フルモデルチェンジ 予想スペック

スペック 新型シエンタ
全長 4,235mm
全幅 1,695mm
全高 1,675mm
ホイールベース 2,750mm
エンジン 直4 1.5L+モーター
最高出力 54kW (74PS)/4,800rpm
最大トルク 111Nm (11.3kgm)/
3,600-4,400rpm
モーター最高出力 45kW (61PS)
モーター最大トルク 169Nm(17.2kgm)
システム最高出力 73kW (100PS)
JC08モード燃費 30.0km/L
価格 160万円~240万円

情報が入り次第お伝えいたします。

クラウドタグ

  • この記事を書いた人

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-トヨタ