マツダ SKYACTIV技術搭載車のグローバル生産台数が2年4か月で100万台を突破!!

マツダ

マツダは、「SKYACTIV技術」を全面的に採用した「マツダ CX-5」新型「https://car-repo.jp/blog-entry-300.html」新型「マツダ アクセラ」のグローバル生産台数が、2014年3月末までに合計104万台となり、100万台を突破したと発表した。

これは、2011年11月にCX-5を生産開始して以来、約2年4か月での到達した。

skyactiv_001.jpg
(左からCX-5、アテンザ、アクセラ)

日本、メキシコ、タイ、中国の4カ国で生産しており、合わせて100以上の国と地域で販売を行っている。

マツダ株式会社
https://www.mazda.co.jp/
ニュースリリース
https://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2014/201404/140414a.html

マツダ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました