JAF 軽自動車には軽油?トラブルが1ヶ月で269件も セルフスタンドでうっかり

JAF(一般社団法人日本自動車連盟、会長小栗七生)は、燃料の給油間違いによるトラブルの注意を呼びかけるため、燃料の給油間違いによるJAFへの救援依頼件数を発表しました。

目次

JAF 燃料の給油間違いによるトラブルについて

2015年12月の1カ月間に、ドライバーから寄せられた救援依頼のうち、「入れ間違えた」との申出があったものが、全国で269件ありました。実際には、ドライバーが入れ間違いに気付かず、走行不能などのトラブルとなって救援依頼されたケースも考えられるため、さらに多いことが予想されます。入れ間違いの原因としては、「うっかりしていた」「普段乗らない車だった」「軽自動車は軽油と思った」といったものが多く、ドライバーの認識不足や勘違いがトラブルに繋がっていることが見受けられました。都道府県別の燃料入れ間違えは、(2015年12月1~31日)JAF救援依頼上位地域としては1位東京・神奈川、3位大阪となっている。

間違った燃料を給油した場合に起こるトラブルとは?

燃料の入れ間違いは、意外と多いトラブルにあげられます。JAFロードサービスにも、「燃料を入れ間違えたのですが、エンジンは壊れませんか?」という問い合わせがよくあります。まず、ガソリン車に軽油を入れた場合、軽油の混ざったガソリンが供給されると、エンジンの出力が下がり、加速が鈍くなります。そして、アイドリングも不調になります。さらに、100%軽油だけを入れてしまうと、黒い排気ガスが出るようになり、やがてエンジンが止まってしまいます。

一方、ディーゼル車にガソリンを入れた場合は、最初のうちエンジンはかかっていますが、すぐに力がなくなってきます。エンジン音は高くなって、アイドリングも不安定となり、排気ガスは白くなってきます。
こうなると噴射ノズルや燃料ポンプの交換が必要になる場合があります。軽油とガソリンの混合比によって、入れ間違い後の症状に差があり、エンジン始動が不可能になる場合もあります。いずれの場合もエンジン始動前にすみやかに燃料を入れ替えれば大きな問題はありません。

JAF

JAF(日本自動車連盟)
「軽自動車には軽油?」「セルフスタンドでうっかり」油種間違いによるトラブルが1ヶ月で269件も
JAF(日本自動車連盟)
間違った燃料を給油した場合に起こるトラブルとは? 燃料の入れ間違いは、意外と多いトラブルにあげられます。JAFロードサービスにも、「燃料を入れ間違えたのですが、エンジンは壊れませんか?」という問い合わせがよくあり...

画像ソース

ノマド的節約術
1Lあたり2〜3円安いセルフガソリンスタンドの使い方は?メリット・給油方法・初心者が不安になりやすいとこ... 有人スタンドに比べてコストが安いセルフガソリンスタンドは、上手に活用して維持費の節約につなげたいですよね。でも、初心者のうちは「ちゃんと給油できるのだろうか?」...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる