MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

フォルクスワーゲン 新型 ゴルフ トゥーラン に TSI R-Line 初設定 スポーティー 特別内外装 2016年6月21日発売

Golf Touran

フォルクスワーゲンは新型のゴルフ トゥーランに「TSI R-Line」を初設定し2016年6月21日発売を開始した。ボディカラーは、新色となるハバネロオレンジメタリックを加え全 5 色。価格:397万4000円。

目次

新型 ゴルフ トゥーラン に TSI R-Line

ニュースリリース

今回導入する「Golf Touran TSI R-Line」は、同シリーズの上級グレードである、「Golf Touran TSIHighline」をベースに、フォルクスワーゲン R GmbH 社が、「Golf Touran」のために企画、開発したR-Line 専用パーツを内外装に標準装備しています。今回導入する『Golf Touran TSI R-Line』は、11 年ぶりにフルモデルチェンジした「Golf Touran」の上級グレード「TSI Highline」のパワートレイン・先進安全装備・快適装備に、新たに R-Line 専用の内外装部品を加えたコンパクト MPV です。専用フロントバンパーやサイドスカートに加え、リヤバンパーにクロームパッケージを採用したエクステリアは、モデルチェンジでよりスポーティーになった「Golf Touran」のデザインをさらにアグレッシブに強調しています。またインテリアも、R-Line 専用のファブリックシートやドアシルプレート、アルミ調ペダルクラスターなどを採用することで、スポーティーでありながら上質で洗練された雰囲気を醸し出しています。

Golf Touran TSI R-Line

全長:4,540mm
全幅:1,830mm
全高:1,660mm (Discover Pro 付:1,670mm)
ホイールベース:2,785mm
車両重量:1,560kg
乗車定員:7 名
JC08 モード燃料 18.5km/L
1.4L 直列4気筒 DOHC インタークーラー付ターボ
最高出力:110kW(150PS) / 5,000~6,000rpm
最大トルク:250Nm(25.5kgm) / 1,500~3,500rpm
トランスミッション:7速 DSG

安全性

プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”(シティエマージェンシーブレーキ機能付)

 レーンキープアシストシステム“Lane Assist”

 プロアクティブ・オキュパント・プロテクション

ドライバー疲労検知システム“Fatigue Detection System”

ポストコリジョンブレーキシステム

フロントエアバッグ(運転席/助手席)、ニーエアバッグ(運転席)、サイドエアバッグ(1 列目/2 列目)、カーテンエアバッグ

機能性

アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付)

Start/Stop システム/ブレーキエネルギー回生システム

リヤビューカメラ“Rear Assist”

LED ヘッドライト(オートハイトコントロール機能/LED ターンシグナル付)

オートライトシステム

Volkswagen 純正インフォテイメントシステム“Composition Media”

3 ゾーンフルオートエアコンディショナー(運転席/助手席/2 列目独立調整、自動内気循環機能付)

アレルゲン除去機能付フレッシュエアフィルター(花粉/ダスト除去外気導入チャコールフィルター)

オートホールド機能(ヒルホルダー機能付)

エレクトロニックパーキングブレーキ

ドライビングプロファイル機能

外装

R-Line 専用エクステリア(フロント&リヤバンパー、サイドスカート)

R-Line 専用クロームパッケージ(フロントグリルルーバー/エアインテーク/サイドウィンドー/リヤバンパー)

クロームデュアルエキゾーストパイプ

内装

R-Line 専用プラスティックデコラティブパネル

R-Line 専用ファブリックシート

R-Line専用レザー3本スポークマルチファンクションステアリングホイール(オーディオコントロール付)

R-Line 専用ドアシルプレート

アルミ調ペダルクラスター(アクセル/ブレーキ)

足回り

R-Line 専用 215/55 R17 モビリティタイヤ/6.5JX17 アルミホイール(5 ダブルスポーク)

フォルクスワーゲン

https://www.volkswagen.co.jp/ja.html

Golf Touran

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次