フェラーリ

フェラーリ 新型「488 GT Modificata」サーキット走行専用 2020年11月25日発表

488GT Modificata

フェラーリはサーキット走行専用モデル「488GT Modificata」を「488GT3」と「488GTE」の両方のために開発された技術を採用した限定モデルとして2020年11月25日(現地時間)発表。「クラブ・コンペティツィオーニGT」でのみ使用する。

フェラーリ 新型「488 GT Modificata」

V型8気筒 ツインターボエンジンから供給され、最高出力は約700HPで、GT3やGTEのバリエーションよりも多くなっている。新しいトランスミッションレシオとカーボンファイバークラッチは、パワーとトルクの増加。

488GT Modificata

フェラーリのエンジニアは、「488 GT Modificata」に改良された高ダウンフォースの空気力学を与え、圧力センターを前方にシフト。車は全体的な抗力を増加させることなく前部でより高いダウンフォースを生成。後部翼の角度の変化に対する感度が低くなります。発生するダウンフォースの合計は、230 km/hで1,000 kg(2,200 lbs)を超えると評価。

488 GTEと同様に、そのボディは、アルミニウム製のルーフとアップライトを除いて、ほぼ完全にカーボンファイバーで作られている。一方、ブレーキシステムはブレンボと共同で開発され、世界選手権レーサーに装備されているような低残留トルクキャリパーを備えている。ABSシステムは488GT3 Evo 2020から借用されていますが、GTModificata用に特別に設定。

標準装備には、ボッシュのテレメトリデータ収集システムと連動するV-Box、高解像度リアビデオカメラ、セカンドシート、およびタイヤの温度と圧力を測定するためのTPMSシステムが含まれている。

ソース

Ferrari Unveils Track-Only 488 GT Modificata With 700 HP

フェラーリ 488 GT Modificata

https://www.ferrari.com/en-JP/competizioni-gt/488-gt-modificata

クラウドタグ

  • この記事を書いた人

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-フェラーリ