フォード 新型 F-150 LIGHTNING EVピックアップトラック 2021年5月19日発表

フォードは、新型ピックアップトラック「F-150」のEVモデルとなる「F-150 LIGHTNING」を2021年5月19日(現地時間)世界初公開した。

目次

新型 F-150 LIGHTNING

フォードF-150は範囲の中で最も人気のある体である5.5フィートのベッドで、すなわち4ドアSuperCrewで利用できる。Lightningのすべてのバージョンは、デュアルモーターのセットアップと、標準範囲と拡張範囲のバッテリーパックのどちらかを選択できる。4万ドル未満の基本モデルは、F-150ライトニングの商用指向バージョンとしている。これがこの範囲の主力仕様である可能性が高いことを意味。幸いなことに、フォードはベースモデルでもより大きな拡張範囲バッテリーのオプションを利用できる。

フォードはまだこのベースモデルの正確な仕様を明らかにしていません-今後数日でそれを期待します-しかし連邦政府の7,500ドルのEVリベートと3.3リッターV6を搭載したF-150XLスーパークルーが36,650ドルから始まることを考えると、新しいF- 150ライトニングは、同等のガスモデルよりも安くなる可能性が高い。連邦税額控除で推定34,000ドルで、新しい2022フォードF-150ライトニングは一般的に多くのEVよりも安いでしょう。さらに価格を下げる州税額控除を受けることもできる。

フォードは、ベース、XLT、ラリアット、プラチナの4つのトリムレベルで2022F-150ライトニングを提供します。F-150 Lightning XLTの価格は、希望小売価格52,974ドルから​​始まる。これも、目的地料金とEVリベートの前であり、依然として非常に積極的な価格。

XLTモデルは、電動フード、カーボンブラックの拡張ランニングボード、フロントライトバーを含むLEDプロジェクターヘッドライトとテールライト、車両の周りに8つの120 Vコンセントを備えたベース2.4kW ProPower OnBoard、18インチアルミホイールを備えています。 、ワイヤレスアップデートと360度カメラを備えた小型の12インチSYNC4インフォテインメントシステム、最大10台のデバイス用の4G-LTE Wi-Fiホットスポット、布製フロントシート、およびフォードの運転支援システムのCo-Pilot3602.0バンドル標準フィット。

9.6kW Pro Power OnBoard機能はXLTのオプションとして提供、LariatおよびPlatinumモデルには標準で搭載。停電が発生した場合にトラックに自宅に電気を送ってもらいたい場合は、同社の最高級のレベル2充電ステーションである80A Ford Charger StationProが必要。80A充電器は、拡張範囲モデルに標準で提供され、標準範囲バッテリーパックを備えたモデルのオプションとして提供。

Lariatモデルには、電動テールゲート、リアLEDライトバーとLEDボックス照明パック、20インチの合金ホイール、新しい15.5インチのポートレート指向のSYNC4Aシステム、B&Oサウンドシステム、雨感知ワイパーなどが追加されています。革張り、加熱および換気されたフロントシート、ストップ&ゴー付きインテリジェントアダプティブクルーズコントロール。

フォードのBlueCruiseハンズフリードライバーアシスタンスシステムは、アクティブパークアシスト2.0とともに2022 F-150ライトニングラリアットのオプションの1つですが、これらのシステムは両方とも、範囲を超えたプラチナトリムに標準装備されています。「最大トレーラー牽引パッケージ」もXLTモデルとLariatモデルの両方でオプションですが、プラチナでは標準。

プラチナモデルには、ブラックタキシードストライプのプレミアムニルヴァーナレザーシート、暖房と換気、18スピーカーのB&Oプレミアムオーディオシステム、主要機能としての電話、22インチの明るい機械加工の合金ホイールなども標準装備。

フォードニュースリリース

あわせて読みたい
The Truck of the Future Is Here: All-Electric Ford F-150 Lightning | Ford Media Center The truck of the future is here. The F-150 Lightning is the smartest, most innovative truck Ford has ever built.

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる