ランボルギーニ

ランボルギーニ 新型 アヴェンタドール LP780-4 Ultimae 限定600台 2021年7月7日発表

2021年7月8日

ランボルギーニは、最後の自然吸気V12エンジン搭載モデルとなる「アヴェンタドール LP780-4 Ultimae」を2021年7月7日(現地時間)発表。ロードスター250台、クーペ350台の計600台限定販売。グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでのデビューに先立ってモデルを発表した。

新型 アヴェンタドール LP780-4 Ultimae

「アヴェンタドール LP780-4 Ultimae」は6.5L 自然吸気V12エンジン、最高出力770 hp(780 PS / 574 kW)と最大トルク531 lb-ft(720 Nm) Ultimaeクーペモデル0-100km/h加速2.8秒、0-200km/h加速8.7秒、最高速355km/h到達。ロードスターは10分の1秒遅くなります。時速62マイルまでで、最高速度は同じ。クーペは3,417ポンド(1,550 kg)で、ロードスターは3,527ポンド(1,600 kg)。両方のUltimaeバリアントには、磁気プッシュロッドサスペンション、後輪ステアリング、およびフロントに6ピストンキャリパー、リアに4ピストンキャリパーを備えたカーボンセラミックブレーキが装備。

シートとダッシュボードにコントラストのあるバッキングカラーを備えたオプションのレーザーカット繰り返し「Y」パターンは、 Ultimaeのもの。車のコンフォートシートはアヴェンタドールSと共有され、抱き枕に「アルティマエ」が刺繍されており、運転席側のAピラーには車の番号が表示される。TFTデジタルダッシュボードは完全に構成可能であり、ドライブモードを表示したり、車内の接続を制御。音声起動の通信とエンターテインメントはAppleCarPlayを介して処理され、ランボルギーニのテレメトリシステムは、ドライバーにトラック上の有用なデータを提供するオプションとして利用できる。

[2col-box]
[2-left]

[/2-left]
[2-right]

[/2-right]
[/2col-box]

アヴェンタドール LP780-4 Ultimae

https://www.lamborghini.com/jp-en/%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB/aventador/aventador-lp-780-4-ultimae-roadster

クラウドタグ

  • この記事を書いた人

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-ランボルギーニ
-