トヨタ TNGA GA-Bプラットフォーム 発表

トヨタ

トヨタは新型ヤリスなどに採用するTNGA(Toyota New Global Architecture)「GA-Bプラットフォーム」を2019年9月に発表した。

TNGA GA-Bプラットフォーム

新しい小型車プラットフォームは、運転席を車の中心に向かって低く、後ろに配置することを可能にし、より魅力的な運転位置と低重心を確保。サスペンションはストラット式サスペンション、マクファーソン・ストラット (MacPherson Strut)を前部に、トーションビームまたはマルチリンクユニットを後部に採用する、可能な限り最も広いキャビンを提供するために、かなり巧妙なパッケージングを備えている。まざまなホイールベースの長さ、高さ、トラック幅を特徴とするさまざまなサイズと車体タイプの車両でGA-Bを使用するそうだ。

上半身のハードポイントとドライバーのヒップポイントが低く設定されているため、デザイナーは自由に車を低くしたり広くしたりできる。

Toyota New Global Architectureとは

TNGAはプラットフォームだけを指すものではなく、ユーザーの声をもとにした企画・開発・調達・生産準備・生産というすべての工程を含めたクルマ作りのシステム・方針などのことを指す。TNGAは下記4項目をサイクルさせることで「もっといいクルマづくり」を達成する

  1. 基本性能の向上
  2. グルーピング開発による部品・ユニットの賢い共用化
  3. 仕入れ先と協力して原価低減
  4. 商品力向上

トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー TNGA についてまとめ

トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー TNGA についてまとめ
トヨタは2012年4月に「もっといいクルマづくり」の具現化に向けた取り組みの一環として、TNGAの構想が初めて発表された。近年発売されるトヨタ車はトヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(Toyota New Global Archit...

TNGA GA-Bプラットフォーム 初採用する車種は?

まず初搭載されるのは世界で販売される「ヤリス」から採用される。ヤリスは日本名ヴッツであるが、TNGAを採用する今回からは世界統一車名となり「ヤリス」として販売される。

Yaris

トヨタ 新型 ヤリス 4代目 ヴィッツ後継として フルモデルチェンジ TNGA 採用 2019年12月発売

トヨタ 新型 ヤリス 4代目 ヴィッツ後継として フルモデルチェンジ TNGA 採用 2019年12月発売
トヨタはヴィッツ (ヤリス) 4代目のフルモデルチェンジを計画しており、2019年12月に発売する。現行ヴィッツは2010年12月22日に正式発表し発売が開始された世界的に人気がある車種である。発売から丸9年目のタイミングでフルモデルチェン...

ソース

https://www.carscoops.com/2019/09/toyota-shows-off-new-small-car-platform-of-the-next-yaris/

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました