トヨタ ハイエース

hiace

ハイエースは、トヨタ自動車が販売しているキャブオーバー型の商用車及び乗用車。中古車としての下取り価格が高く、耐久性が非常に優れているため新興国や開発途上国、テロリストなどには需要が高い。

ハイエース 世代

初代 H10系

1967年2月発売。1967年10月ワンボックスボディのワゴンを追加。1970年安全対策を中心としたマイナーチェンジを行う。1971年2月マイナーチェンジでフロントグリルのデザインが変更。1972年10月マイナーチェンジでフロントグリルのTOYOTAマークが右側のヘッドライト上に移動と同時にグリルのデザイン変更。

2代目 H20~40系

1977年2月に2代目にフルモデルチェンジ。1980年1月マイナーチェンジ。

3代目 H50系

1982年12月発表。1985年8月マイナーチェンジ。1987年8月ワゴン系をマイナーチェンジ。

4代目 H100系

1989年8月14日 4代目へフルモデルチェンジ。1993年8月マイナーチェンジ。1994年8月一部改良。1996年8月6日ワゴンマイナーチェンジ。1999年7月5日ワゴンをマイナーチェンジするとともに、バン・コミューター一部改良。2001年8月3日バン一部改良。

5代目 H200系

2004年8月23日、現行型へ15年ぶりにフルモデルチェンジ。2005年11月一部改良。2007年8月20日初のマイナーチェンジ。2010年7月26日に2度目のマイナーチェンジ。2012年4月16日一部改良し5月7日販売開始。2013年11月27日に3度目のマイナーチェンジし12月9日販売開始。2014年12月16日一部改良及びバン特別仕様車「スーパーGL"DARK PRIME"」を発表、2015年1月6日販売開始。2016年6月1日一部改良を発表、6月11日販売開始。2017年11月22日一部改良が発表し12月1日販売開始。2018年8月6日特別仕様車「スーパーGL"DARK PRIME II"」「スーパーGL"50TH ANNIVERSARY LIMITED"」が発売。2020年4月17日一部改良を発表し5月1日発売

トヨタ 新型 ハイエース 一部改良 2020年4月17日発表 5月1日発売

トヨタ 新型 ハイエース 50周年記念 特別仕様車「スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”」2018年8月6日発売

6代目 H300系(日本未発売)

2019年2月18日フィリピンにおいて、海外向けの新シリーズが世界初披露。TNGAの設計思想に基づく新プラットフォームの導入によってセミボンネット化され、ボディタイプはショート・標準ルーフとロング・ハイルーフの2種類となる。2019年3月5日に発売。

トヨタ 新型 ハイエース フルモデルチェンジ セミボンネット採用 H300系 15年ぶりとなる 2019年12月発売

トヨタ 新型 ハイエース フルモデルチェンジ 海外向けモデル 2019年2月18日発表

新型 ハイエース スペックについて

スペック 新型ハイエース 新型ハイエース ワイドボディ
全長 4,695mm 4,840mm
全幅 1,695mm 1,880mm
全高 1,980mm 2,105mm
ホイールベース 2,570mm 2,570mm
エンジン 2.0L直列4気筒
DOHCエンジン
(1TR-FE型)
2.7L直列4気筒
DOHCエンジン
(2TR-FE型)
2.8L 直4 DOHC
ディーゼルエンジン
(1GD-FTV)
最高出力 136ps/5,600rpm 160ps/5,200rpm 177ps/3,400rpm
最大トルク 18.6kgm/4000rpm 24.8kg.m/4000rpm 45.9kgm/1,600~2,400rpm
トランスミッション 6速AT/5MT 6速AT 6速AT/5MT

トヨタ ハイエースの記事

2020年12月24日

© 2021 最新自動車情報