スズキ 次期 エスクード コンパクトSUV iV-4 は2015年に市販化!!

スズキ

スズキが次期エスクードとなる、iv-4を第65回フランクフルトモーターショーで披露している。

iv-4.jpg

ボディのサイズは全長4,215mm × 全幅1,850mm× 全高1,665mm。現行型「エスクード」より85mm短く、40mm幅広く、30mm低い。ホイールベースは140mmも短い2,500mmとなっている。

iv-4_01.jpg
iv-4_04.jpg

20インチの大径ホイール装着されたタイヤは235/55R20の「YOKOHAMA PARADA Spec-X」。スズキの次世代4輪駆動システム「ALLGRIP」を採用し、「ユーザーがSUVに期待するパワフルなドライブを実現する」そうだ。内外装の各パーツや色、テクスチャは、購入する顧客が自分のライフスタイルに合わせて”パーソナライズ”することを考えてデザインされているという。

iv-4_05.jpg

「デザインとオフロード・パフォーマンスを合わせ持ち、典型的な街乗りSUVに差を付ける」とスズキは自信の程を窺わせる。搭載されるパワートレインについての発表はなかったが、軽量な車体によってCO2排出量はクラス最少となるそうだ。ちなみにiV-4という車名の「i」は”individuality(個性)”、「V」は”Vehicle(車両)”、そして「4」は”4 wheel-drive(4輪駆動)”を表している。特別に塗装された「ブリリアント・ターコイス」のボディ・カラーは、「摩天楼に反射する空の色」を表現したとか。



スズキ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました