スズキ 新型 HUSTLER(ハスラー)新ジャンルのクロスオーバー軽自動車 2013年12月24日発売

スズキ

「アクティブなライフスタイルに似合う新ジャンルのクロスオーバー軽自動車」というコンセプトの新型「HUSTLER(ハスラー)」。

新型 HUSTLER(ハスラー)

軽トールワゴンとSUVの双方の要素を融合させた新ジャンルの軽自動車で、アウトドアやスポーツといったレジャーを好むユーザー、あるいはわだちや雪道といった起伏のある路面を走行する機会が多いユーザーを想定した、「アクティブなライフスタイルに似合う軽クロスオーバー」をコンセプトに開発され、クロスカントリー4WDのジムニーとの棲み分けを図っている。

5代目ワゴンRと共通のプラットフォームを用い、Aピラーを立ててルーフの長さと幅をとることでゆとりのある頭上空間を確保し、体感的にも視覚的にも軽ワゴン車と同等の室内空間を持たせる一方、軽乗用車としては大きめの15インチホイールを用い、サスペンションストロークの変更を行うことで最低地上高は180 mm(2WD車の場合。4WD車ではリアデフ下の175 mm)を確保。

空転状態のタイヤにブレーキを効かせてラフロードや雪道などでの走破性を高める「グリップコントロール」、エスクードなどでも採用されている降坂走行のアシスト機能「ヒルディセントコントロール」などを装備して本格的なSUV性能を確保。

・レーダーブレーキサポート(衝突被害軽減ブレーキ)、誤発進抑制機能、横滑り防止装置といった先進の安全機能を装備。

・スズキグリーンテクノロジーを採用し、高い環境性能を実現している。

その上でスズキグリーンテクノロジーのエネチャージやアイドリングストップシステムを利用し、車両重量が790kgとなるFFモデルでは29.0km/L以上のJC08モード燃費を目標としているという。

このほかにレーダーブレーキサポート(衝突被害軽減ブレーキ)、誤発進抑制機能、横滑り防止装置などの先進安全装備を用意し、車内にはテーブル機能付きインパネボックス、ラゲッジスペースの防水加工などでアウトドアライフにおける使い勝手を高めている。

主要諸元

スペック 新型ハスラー
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,665mm
ホイールベース 2,460mm
エンジン 660cc 直列3気筒
エンジン
+ モーター
660cc 直列3気筒 
ターボエンジン
+ モーター
660cc 直列3気筒
ターボエンジン
エンジン
最高出力
52ps/
6,500rpm
47kW(64ps)/
6,000rpm
47kW(64ps)/
6,000rpm
エンジン
最大トルク
6.1kgm/
4,000rpm
95Nm(9.7kgm)/
3,000rpm
95Nm(9.7kgm)/
3,000rpm
モーター
最高出力
3.1ps/
1,000rpm
モーター
最高トルク
5.1kgm/
100rpm
バッテリー リチュウムイオン
電池
リチュウムイオン
電池
駆動方式 2WD(FF)/4WD
JC08モード燃費 33km/L 28.0km/L 27.0km/L
乗車定員 4名

2013年12月24日発売予定 公式サイト
https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

スズキ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020