メルセデス・ベンツ 新型 Cクラス セダン マイナーチェンジ ヘッドライトやフロントグリルとバンパー変更 2017年発売

メルセデス・ベンツは新型Cクラスセダン(W205)のマイナーチェンジ行い2017年に発売する。

目次

新型 Cクラス セダンについて

旧型は4代目となるCクラスW205型は2014年1月12日、デトロイトモーターショーで正式発表された。先代にくらべボディを大型化し旧型「Eクラス」および「Sクラス」と後輪駆動プラットフォームを共有し、全長は95mm長い4,686mm、全幅は40mm広い1,810mmに。さらにホイールベースを80mm伸ばし、2,840mmとしたことで、居住スペースを大幅に拡大。4代目Cクラスセダンは2014年10月14日に「2014-2015 インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。さらに2015年世界・カー・オブ・ザ・イヤー(ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー)を受賞。

新型 Cクラス セダン スペックについて

全長:4,686mm

全幅:1,810mm

全高:1,442mm

ホイールベース:2,840mm
C180 

直噴1.6L 直列4気筒ガソリンターボ

最大出力156ps

C200

直噴2.0L 直列4気筒ガソリンターボ

最大出力184ps

C220ブルーテック

直噴2.2L 直列4気筒ターボディーゼル

最大出力170ps

今回のマイナーチェンジではヘッドライトやフロントグリルとバンパー、リアコンビネーションランプなどの外観の見直しが図られる。新開発のエンジンなどもラインナップされると言われている。日本でも2016年9月28日に発売した新型Cクラス ガブリレオ AMG C43 コンバーチブル もCクラスセダンにともないマイナーチェンジされる。

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる