スバル レガシイ など4車種 エンジン停止のおそれ ウォーターポンプが機能しなくなる場合がある

スバルは2016年11月25日にレガシィ、エクシーガ、フォレスター、インプレッサなどのウォーターポンプに不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出した。リコール開始日は2016年11月25日からである。2008年2月2日~2011年1月14日に製造された11万8389台である。

富士重工業より

不具合の部位(部品名) 原動機(ウォーターポンプ)基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因  エンジンのウォーターポンプにおいて、ベアリング部の組付隙間が小さいため、ベアリングが破損し、ウォーターポンプが機能しなくなる場合がある。そのため、タイミングベルトが損傷し、そのまま使用を続けると、エンジンが停止して再始動出来なくなるおそれがある。改善措置の内容 全車両、ウォーターポンプを対策品に交換する。

富士重工業 リコール

あわせて読みたい
Access Denied

国土交通省

あわせて読みたい
報道発表資料:リコールの届出について(スバル レガシィ 他) - 国土交通省 国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる