国土交通省 自動ブレーキの性能評価試験 マツダ アクセラが最高評価!11車種の評価について

国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)は日本で初となる対歩行者自動ブレーキの評価を開始した。

目次

自動ブレーキの性能評価試験 11車種 結果

スズキ イグニス 66.3

スバル インプレッサ 68.9

スバル フォレスター 69.5

スバル レヴォーグWRX 68.5

スバル レガシィ 68..0

トヨタ クラウンアスリート/クラウン ロイヤル/クラウンマジェスタ 67.3

トヨタ プリウス 68.1

レクサス GS/GS F 67.9

レクサス RX 68

ホンダ フリード/フリード+ 58.4

マツダ アクセラ 70.5

今回、対歩行者自動ブレーキ試験など複数の試験により評価した11車種全てが予防安全性能の総合評価で最高ランクASV++(71点満点中46点超)を獲得。最高得点を獲得したのは70.5点(71点満点)のマツダ アクセラとなった。2位は69.5点(71点満点)を獲得したスバル フォレスターだ。

国土交通省

あわせて読みたい
報道発表資料:日本初!対歩行者自動ブレーキの評価を開始!今回評価した11車種の自動ブレーキは歩行者にも... 国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。
あわせて読みたい
press別紙案(予防)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる