フォルクスワーゲン 新型 ビートル デューン 「ザ・ビートルのSUV版」2016年発売

フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲンはザ・ビートルのクロスオーバーSUVコンセプトモデルを2014年1月13日より
デトロイトで開催されている北米国際オートショー2014で公開した。そして今回、「ビートル デーン」として2016年発売すると発表した。

新型 ビートル デューンについて

2015年11月17日から開催されたロサンゼルスモーターショー2015で市販モデルが披露された。外観は、ザ・ビートルに対して、アンダーガードやフェンダーエクステンション、大径タイヤを追加装備。18インチアロイホイールを装備し、フェンダー幅を10mm拡大している。車高をフロント7mm、リア6mm高くした。バンパーは専用デザインとなっており、LEDテールライト、ポリッシュアルミサイドスカート、ボディサイドのグラフィックを変更。ザ・ビートルがアクティブなSUVに変身を遂げた。Apple CarplayやGoogle Android Autoに対応した「MIB II」インフォテイメントシステムを採用。Fender製のサウンドシステムも利用可能。ビートル・デューンはハードトップとカブリオレから選択可能である。

エンジンは、直4 2.0L 直噴ガソリンターボエンジンのTSIで、最大出力220ps。トランスミッションは6速DSGとなる。また電子制御ディファレンシャルロック(XDS)も装備される。1.8L 4気筒ターボエンジンTSIもラインナップ予定。

フォルクスワーゲン車のスポーツモデルに装備されてきたXDSは、高速コーナーでの走行シーンにおいて、グリップ不足を補う制御システムであったが、これは悪路でのグリップ不足解消してくれる。気になる価格だが通常のビートルに比べると40万ほど高くなると思われる。

Beetle-Dune_04.jpg
ビートル・デューン ハードトップ
Beetle-Dune_05.jpg

Beetle-Dune_06.jpg

Beetle-Dune_07.jpg

Beetle-Dune_08.jpg

Beetle-Dune_09.jpg

Beetle-Dune_11.jpg
ビートル・デューン ガブリオレ
Beetle-Dune_10.jpg

Beetle-Dune_12.jpg

Beetle-Dune_13.jpg

Beetle-Dune_14.jpg

Beetle-Dune_15.jpg

the-beetle_01.jpg

Beetle-Dune_03.jpg

the-beetle_03.jpg

今後情報が入り次第お伝え致します。

ソース

https://www.automobilemag.com/news/

フォルクスワーゲン
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019