ダイハツ

ダイハツ 新型 トール / トールカスタム マイナーチェンジ スマートアシストⅢを装備 2018年11月1日発売

2018年11月1日

THOR

ダイハツは新型 トール / トールカスタム のマイナーチェンジを行い2018年11月1日発売する。同時にトヨタの新型ルーミー/タンクカスタムのマイナーチェンジを行う。価格:146万3,400円~205万7,400円。

トヨタ 新型 ルーミー / タンク カスタム マイナーチェンジ (一部改良) スマートアシストⅢ 採用 2018年11月1日発売

新型 トール / トールカスタム のマイナーチェンジ モデルについて

現行の「スマートアシストⅡ」から「スマートアシストⅢ」を搭載しXを除く全グレードに標準装備とする。トヨタの先進技術といえば、「Toyota Safety Sense」であるが、ルーミー/タンクは設計および開発・生産をダイハツが行っているため「スマートアシストⅢ」が採用される。前後コーナーセンサーをXを除く全車に標準装備。

新型 トール / トールカスタム のマイナーチェンジ「スマートアシストⅢ」標準搭載

スマートアシストⅡは単一カメラであったが、スマートアシストⅢとなり2つのカメラを装備。ダイハツは新型タント/ タントカスタムをマイナーチェンジ2016年11月30日に発売した。このタントに初搭載されたスマートアシストⅢをミライ―スにも搭載する。左右カメラ間隔80mmの世界最小ステレオカメラを採用、歩行者対応や従来より作動速度域を拡大。約4~50km/hで走行中に前方に歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合に、自動ブレーキにより回避。

衝突警報機能(対歩行者) 約4~80km/hで走行中、前方に歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合に、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告。

被害軽減ブレーキアシストを追加、車両が衝突危険を認識した際、運転者のブレーキの踏み込みがあった場合には、強力なブレーキアシストを作動。(以前のスマートアシストII 走行速度は約4~50km/h)。

車線逸脱警報機能 約60km/h 以上で走行中に、ウィンカーを出さずに、走行している車線から車両がはみ出しそうになると、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告。

衝突回避支援ブレーキ機能 従来は、約4~30km/h で走行中に前方車両を認識し、衝突の危険性が高まった場合に、緊急ブレーキが作動することで、被害軽減や衝突回避を支援今回は、約4~50km/h で走行中に前方車両を認識し、衝突の危険性が高まった場合に、緊急ブレーキが作動し、被害軽減や衝突回避を支援。

衝突警報機能(対車両) 従来は約4~30km/h で走行中に前方の車両を認識していたが、スマートアシストⅢでは、約4~100km/h での走行中に前方の車両を認識し、衝突の危険性があると判断した場合に、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告。

オートハイビーム 対向車のヘッドランプなど前方の明るさを検知してハイビームとロービームを自動で切り替え。

AFS(アダプティブフロントライティングシステム)採用。ステアリング操作と連動して、ヘッドライトの角度が変わる。

運転をアシストする機能「パノラマモニター」を採用クルマを上空から見下ろしているかのように、直感的に周囲の状況を把握できる。

サイドモニター 助手席側サイドミラーにカメラが搭載しており、死角を映し出す

動体検知型バックモニター バックモニター検知領域に動くものがあると、警報してくれる。

「スマートアシストⅡ」「スマートアシストⅢ」の違いについて

機能システム スマートアシストⅡ スマートアシストⅢ
方式 レーザーレーダー+
単眼カメラ
ステレオカメラ
自動ブレーキ 歩行者
警告のみ(50km/h以下)


(50km/h以下)

自動ブレーキ 衝突回避


(20km/h以下)


(30km/h以下)

自動ブレーキ 被害軽減


(30km/h以下)


(80km/h以下・
対歩行者 50km/h以下)

誤発進抑制 前方/後方
車線逸脱警報
先行者発進お知らせ
オートハイビーム

新型 トール / トールカスタム のマイナーチェンジ 価格について

Ⅹ 2WD 価格:1,463,400円

Ⅹ 4WD 価格:1,636,200円

Ⅹ“SAⅢ” 2WD 価格:1,528,200

Ⅹ“SAⅢ” 4WD 価格:1,701,000

G“SAⅢ” 2WD 価格:1,684,800

G“SAⅢ” 4WD 価格:1,857,600

G“リミテッドSAⅢ” 2WD 1,738,800円

G“リミテッドSAⅢ” 4WD 1,911,600円

Gターボ“SAⅢ” TC2WD 1,803,600円

カスタムG“SAⅢ” 2WD 1,836,000円

カスタムG“SAⅢ” 4WD 2,008,800円

カスタムG“リミテッドSAⅢ” 2WD 1,884,600円

カスタムG“リミテッドSAⅢ” 4WD 2,057,400円

カスタムGターボ“SAⅢ” TC 2WD 1,965,600円

新型トール / トールカスタムについて

2016年1月29日、トヨタとダイハツ共同記者会見 ダイハツの完全子会社化を発表した。

これにより実現したモデルである。両側スライドドアを採用し、カスタムモデルも存在する。ダイハツは今後もダウンサイジングターボモデルを増やす予定で2016年12月14日発売 新型 クロスオーバーSUV 「C-HR 」にも1.2L 直列4気筒 DOHC 直噴ターボを搭載する。そして小型トールワゴンは新型パッソ /ブーンの派生モデルでもありトヨタ車として初めて1.0L 直3気筒ターボエンジンを搭載する。

このエンジンは2016年4月12日に発売した新型パッソに搭載される1KR―FE型1.0L 直3気筒エンジンのターボバージョンである。

新型トール スペックについて

スペック 新型トール
全長 3,700〜3,725mm
全幅 1,670mm
全高 1,740mm
ホイールベース 2,500mm
エンジン 1.0L 直3気筒
エンジン
1.0L 直3気筒
ターボエンジン
最高出力 51kW(69ps)/
6,000rpm
72kW(98ps)/
6,000rpm
最大トルク 92Nm(9.4kgfm)/
4,400rpm
140Nm(14.3㎏m)/
2,400-4,000rpm
トランスミッション CVT
JC08モード燃費 22.0-24.6km/L 21.8km/L
価格 1,463,400〜
2,008,800円
1,836,000〜
1,965,600円

新型トール グレード / 価格

X

2WD:1,463,400円

4WD:1,626,200円

X“SA Ⅱ”

2WD:1,528,200円

4WD:1,701,000円

G

2WD:1,620,000円

4WD:1,792,800円

G “SA Ⅱ”

2WD:1,684,800円

4WD:1,857,600円

Gターボ “SA Ⅱ”

2WD:1,836,000円

カスタムG

2WD:1,771,200円

4WD:1,944,000円

カスタム G “SA Ⅱ”

2WD:1,965,600円

4WD:2,008,800円

カスタムG ターボ“SA Ⅱ” “

2WD:1,965,600円

MOPツートン54,000円

パノラミックビュー43,200円

カーテンエアバッグ49,680円

ボディカラー 全14色

9色のボディカラーにカスタム専用のツートーン仕様5色の全14色をラインアップするとともに、ルーミーとタンクそれぞれの特徴に合わせた専用色を設定。現在のラインアップでは今では当たり前となりはじめている、先進技術を取り入れる。

トヨタの先進技術といえば、「Toyota Safety Sense」であるが、パッソは設計および開発・生産をダイハツが行っているため「スマートアシストⅡ」が採用される。(レーザーセンサーとソナーセンサーに加えてカメラを搭載。)4つのカメラによって車両の前後左右を映し出す「パノラミックビュー」 オプション設定。

ダイハツニュースリリース

https://www.daihatsu.com/jp/news/2016/20161109-1.html

https://www.daihatsu.com/jp/news/2018/20181101-1.pdf

ダイハツ トール

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/index.htm

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ダイハツ
-, ,

© 2021 最新自動車情報