トヨタ 新型 ルーミー / タンク カスタム マイナーチェンジ (一部改良) スマートアシストⅢ 採用 2018年11月1日発売

TOYOTA_ROOMY トヨタ

トヨタは新型ルーミー/タンク カスタムのマイナーチェンジを行い2018年11月1日発売する。

特別仕様車G“Cozy Edition”を発売

価格:146万3,400円~200万8,800円

ダイハツ 新型 トール / トールカスタム マイナーチェンジ スマートアシストⅢを装備 2018年11月1日発売
ダイハツは新型 トール / トールカスタム のマイナーチェンジを行い2018年11月1日発売する。同時にトヨタの新型ルーミー/タンクカスタムのマイナーチェンジ。「スマートアシストⅢ」を搭載し全車標準装備とする。エクステリアのデザインを変更し印象を一新する。

新型ルーミー/タンク マイナーチェンジモデルについて

現行の「スマートアシストⅡ」から「スマートアシストⅢ」を搭載しXを除く全車標準装備とする。

トヨタの先進技術といえば、「Toyota Safety Sense」であるが、ルーミー/タンクは設計および開発・生産をダイハツが行っているため「スマートアシストⅢ」が採用される。

コーナーセンサー(フロント4個/リヤ4個、接近お知らせ表示付)もXを除く全車標準装備。

先進技術「スマートアシストⅢ」標準搭載

スマートアシストⅡは単一カメラであったが、スマートアシストⅢとなり2つのカメラを装備。

ダイハツは新型タント/ タントカスタムをマイナーチェンジ2016年11月30日に発売した。

このタントに初搭載されたスマートアシストⅢをミライ―スにも搭載する。

左右カメラ間隔80mmの世界最小ステレオカメラを採用、歩行者対応や従来より作動速度域を拡大。

車体前後各二つのコーナーセンサー装備
さらに進化したスマートアシストⅢが、運転中の「ヒヤッ」とするシーンで事故の回避を図り、あなたの安全運転を支援します。 ソナーセンサーに加え、ドライバーの視界や頭上空間を妨げない、世界最小ステレオカメラを新搭載。 歩行者や先行車、障害物などの様々な情報を的確に捉え、運転者に注意を促したり、緊急ブレーキを作動させます。
衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能
①衝突警報(対車両、対歩行者) 走行中に前方の車両や歩行者をカメラが検知し、衝突の危険性があると判断した場合、ブザー音とメーター内表示でお知らせします。

②一次ブレーキ(対車両、対歩行者) 衝突の危険があるとシステムが判断した場合、自動的に弱いブレーキ(一次ブレーキ)をかけ、運転者に衝突回避を促します。

③被害軽減ブレーキアシスト(対車両、対歩行者) 一次ブレーキ機能が作動している時にドライバーがブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動し、ブレーキ制動力を高めます。

④緊急ブレーキ(対車両、対歩行者) 衝突が避けられないとシステムが判断した場合、強いブレーキ(二次ブレーキ)で減速。衝突を回避したり、被害を軽減します。

車線逸脱警報機能
走行中、ウインカーなしで車線からはみ出しそうになると、ブザー音とメーター内表示でドライバーに警告し、操作を促す。
mira
先行車発進お知らせ機能
停止時に先行車が発進したことに気づかず、発進しなかった場合にブザー音とメーター内表示でお知らせ。
AT誤発進抑制制御機能

①前方誤発進抑制制御機能 ステレオカメラにより、前方4m以内に車両や壁などの障害物を検知している時に、シフトポジションを「前進」にしたままアクセルペダルを踏み込んだ場合、エンジン出力を制限することで、急発進を抑制します。

②後方誤発進抑制制御機能 リアバンパーに内蔵されたソナーセンサーにより、後方2~3m以内に壁などの障害物を検知している時に、シフトポジションを「後退」にしたままアクセルペダルを踏み込んだ場合、エンジン出力を制限することで、急発進を抑制します。

ハイビームアシスト
ステレオカメラが対向車のヘッドランプなどの明るさを検知し、自動でハイビームとロービームを切り替えます。これにより、切り替え操作なくハイビームでの走行が可能になり、街灯の少ない道路でも安心して夜間の走行ができます。

「スマートアシストⅡ」「スマートアシストⅢ」の違いについて

機能システム スマートアシストⅡ スマートアシストⅢ
方式 レーザーレーダー+単眼カメラ ステレオカメラ
自動ブレーキ 歩行者
警告のみ(50km/h以下)

(50km/h以下)

自動ブレーキ 衝突回避

(20km/h以下)

(30km/h以下)

自動ブレーキ 被害軽減

(30km/h以下)

○(80km/h以下・

対歩行者 50km/h以下)

誤発進抑制 前方/後方
車線逸脱警報
先行者発進お知らせ
オートハイビーム

新型ルーミー/タンク カスタム 価格 グレードについて

X 2WD 価格:1,463,400円

X 4WD 価格:1,636,200円

“S” 2WD 価格:1,528,200円

“S” 4WD 価格:1,701,000円

G 2WD 価格:1,684,800円

G 4WD 価格:1,857,600円

G-T 2WD 価格:1,803,600円

カスタムG 2WD 価格:1,836,000円

カスタムG 4WD 価格:2,008,800円

カスタムG-T 2WD 価格:1,965,600円

特別仕様車 G“Cozy Edition” 2WD 価格:1,730,160円

特別仕様車 G“Cozy Edition” 4WD 価格:1,902,960円

新型ルーミー/タンクについて

トヨタは新型ルーミー/タンク カスタムをbB/ラクティスの後継車種として小型トールワゴンを2016年11月9日発売した。

1.0L 直3気筒エンジン モデル

価格1,463,400〜2,008,800円

1.0L 直3気筒ターボエンジン

価格:1,836,000〜1,965,600円

トヨタ店とカローラ店:ルーミー

トヨペット店とネッツ店:タンク

更に、両側スライドドアを採用、カスタムモデルをラインナップし外観を変えている。新型ルーミー/タンク両車とも、広々とした空間という意味での「リビング」と走りの良さという意味での「ドライビング」を掛け合わせた「1LD-CAR(ワン・エル・ディー・カー)」をコンセプトとしている。

ダイハツによって企画・開発から生産までを一括して担い、トヨタに対して新型トールを供給するOEM車となっている。ダイハツはトヨタ以外にもスバルにも新型ジャスティをOEM供給をする。

トヨタではトヨタ4店舗、スバル、ダイハツの計6店舗で販売する!!ライバル車種はスズキの新型ソリオである。

TOYOTA_ROOMY TOYOTA_ROOMY

トヨタは新型ルーミー/タンク カスタムをbB/ラクティスの後継車種

bB ラクティス ラッシュ iQ ist カローラルミオン が2016年販売終了

bB

2016年7月29日に販売を終了

ラクティス

2016年8月31日に販売を終了

2016年1月29日、トヨタとダイハツ共同記者会見 ダイハツの完全子会社化を発表した!!

これにより実現したモデルである!

トヨタは今後もダウンサイジングターボモデルを増やす予定で

2016年12月14日発売 新型 クロスオーバーSUV 「C-HR 」にも1.2L 直列4気筒 DOHC 直噴ターボを搭載する。そして小型トールワゴンは新型パッソ /ブーンの派生モデルでもありトヨタ車として初めて1.0L 直3気筒ターボエンジンを搭載する。

このエンジンは2016年4月12日に発売した新型パッソに搭載される1KR―FE型1.0L 直3気筒エンジンのターボバージョンである。

TOYOTA_ROOMY

トヨタ 新型 ルーミー/タンク カスタム スペック

1KR―FE型1.0L 直3気筒エンジン

新型ルーミー/タンク カスタム

全長:3,700〜3,725mm

全幅:1,670mm

全高:1,735mm

ホイールベース:2,500mm

TOYOTA_ROOMY

1.0L 直3気筒エンジン

最高出力:69ps/6,000rpm

最大トルク:9.4kgfm/4,400rpm

トランスミッション:CVT

JC08モード燃費:24.6km/L

価格:1,463,400〜2,008,800円

1.0L 直3気筒ターボエンジン

最高出力:98ps

最大トルク:14.3㎏m

トランスミッション:CVT

JC08モード燃費:21.8km/L

価格:1,836,000〜1,965,600円

グレード / 価格 X

2WD:1,463,400円

4WD:1,626,200円

X “S”

2WD:1,528,200円

4WD:1,701,000円

G

2WD:1,620,000円

4WD:1,792,800円

G “S”

2WD:1,684,800円

4WD:1,857,600円

G -T

2WD:1,836,000円

カスタム G

2WD:1,771,200円

4WD:1,944,000円

カスタム G “S”

2WD:1,965,600円

4WD:2,008,800円

カスタムG-T

2WD:1,965,600円

MOPツートン54,000円

パノラミックビュー43,200円

カーテンエアバッグ49,680円

ボディカラー 全14色

9色のボディカラーにカスタム専用のツートーン仕様5色の全14色をラインアップするとともに、

ルーミーとタンクそれぞれの特徴に合わせた専用色を設定

現在のラインアップでは今では当たり前となりはじめている、先進技術を取り入れる。

トヨタの先進技術といえば、「Toyota Safety Sense」であるが、設計および開発・生産をダイハツが行っているため「スマートアシストⅡ」が採用される。(レーザーセンサーとソナーセンサーに加えてカメラを搭載。)スマートアシストIIはJNCPN予防安全評価最高ランク獲得している。

<機能追加>

・衝突警報機能(対歩行者)

約4~50km/h で走行中、前方に歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合に、

ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告

・車線逸脱警報機能

約60km/h 以上で走行中に、ウィンカーを出さずに、走行している車線から車両がはみ出し

そうになると、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告

<性能向上>

・衝突回避支援ブレーキ機能

従来は、約4~30km/h で走行中に前方車両を認識し、衝突の危険性が高まった場合に、

緊急ブレーキが作動することで、被害軽減や衝突回避を支援

今回は、約4~50km/h で走行中に前方車両を認識し、衝突の危険性が高まった場合に、

緊急ブレーキが作動し、被害軽減や衝突回避を支援

※5:速度差約30km/h 以内で作動

・衝突警報機能(対車両)

従来は約4~30km/h で走行中に前方の車両を認識していたが、スマートアシストⅡでは、

約4~100km/h での走行中に前方の車両を認識し、衝突の危険性があると判断した場合

に、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告

※6:速度差約60km/h 以内で作動

TOYOTA_ROOMY 4つのカメラによって車両の前後左右を映し出す「パノラミックビュー」 オプション設定

https://car-repo.jp/blog-entry-1051.html https://car-repo.jp/blog-entry-1052.html

トヨタ 新型 ルーミー/タンク用 TRD カスタムアイテムも同時発売となる!!

TOYOTA_ROOMY

ractls

ラクティス

ractls

bb

bB

スペック 新型 ルーミー/タンク
全長 3,700〜3,725mm
全幅 1,670mm
全高 1,735mm
ホイールベース 2,500mm
エンジン 1.0L 直3気筒エンジン 1.0L 直3気筒ターボエンジン
最高出力 69ps/6,000rpm 98ps
最大トルク 9.4kgfm/4,400rpm 14.3㎏m
トランスミッション CVT
JC08モード燃費 24.6km/L 21.8km/L
価格 143万円〜 183万円〜

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/25056425.html

ルーミー 

https://toyota.jp/roomy/

タンク

https://toyota.jp/tank/

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました