トヨタ 新型 パッソ マイナーチェンジ 2014年4月14日発売 普通ガソリン車 トップ

トヨタはパッソのマイナーチェンジを2014年4月14日する。全国のトヨタカローラ店で販売。

目次

新型 パッソ マイナーチェンジ

マイナーチェンジで、アイドリングストップ機能を装備、部品間の摩擦を減らすなどエンジンの効率も上げ燃費が27.6km/Lを実現。エコカー免税対象車となり、ハイブリッド車と軽自動車を除くガソリンエンジン車では国内トップの低燃費を実現

旧型パッソの燃費
1000cc 21.2km/L 
1300cc 19.0km/L

低燃費の秘密は、新開発「1L直3エンジン」の搭載 圧縮比をアップし11.0から11.5へ変更、クールドEGR導入CVTオイルウォーマーの追加、吸気音の低減、ダイハツの軽自動車技術も採用している。

ダイハツ工業と共同開発した1.0Lガソリンエンジンでは、タンブル流を生成する新形状の吸気ポート、クールドEGR、高圧縮比化などにより最大熱効率37%を達成。新エンジン搭載車はアイドリングストップ機能や、さまざまな低燃費技術とあいまって、従来型比で最大約30%の燃費向上を実現。価格は109万~165万円となる見込みだ。

またパッソ・ブーンは兄弟車で、どちらもダイハツが製造をしており、トヨタにOEMをしておりダイハツ ブーンも合わせてマイナーチェンジをすることになりそうだ。

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ080D3_Y4A400C1TJ1000/

トヨタニュースリリース
https://global.toyota/jp/detail/1696794/

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
トップへ
目次
閉じる